アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:黒白猫 ( 42 ) タグの人気記事

無題。

 9時起床。二度寝をしてしまった。午前中、普段以上にうーこが鳴いて相手をさせられる。どうしたのかしらん。今日は朝から涼しくて最高気温は26℃。一日エアコンをつけずに過ごす。明日はまた30℃を超えるらしい。
 論文を書いたり、本を読んだりの繰り返しで(と、ここまで書いたところで、うーこが鳴いた)飽きてきたので、3時過ぎに自転車で図書館に行く。20年以上前に読んだ山口泉のシモーヌ・ヴェイユ論をふと読みたくなった。
 帰宅後、ノーマ・フィールドの『天皇の逝く国で[増補版]』(みすず書房)をようやく読了。「後記」の「ジャパン・バッシングについて」が短いけれども印象的。
 夕飯はあり合わせの材料でハムチャーハン。そろそろ冷蔵庫に食材がなくなってきた感じ。明日はガッコウに行ったついでにスーパーにも寄らないと。

 ふと気になって、小学校の時に国語の教科書に出てきた詩を調べてみた。高田敏子の「忘れもの」だった。夏休みの終わりが近づくと、いよいよ切なくなる詩。
入道雲にのって/夏休みはいってしまった
「サヨナラ」のかわりに/素晴らしい夕立をふりまいて

けさ 空はまっさお/木々の葉の一枚一枚が
あたらしい光とあいさつをかわしている

だがキミ! 夏休みよ/もう一度 もどってこないかな
忘れものをとりにさ

迷い子のセミ/さびしそうな麦わら帽子
それから ぼくの耳に/くっついて離れない波の音

[PR]
by sarutasensei | 2013-08-25 21:03 | 読んだ本

無題。

 8時起床。エアコンをつけず、網戸で寝たら明け方暑くて目が覚めた。どんよりと曇り湿度の高そうな一日。午前中はノーマ・フィールドの『天皇の逝く国で』の続きを読む。増補版をだいぶ前に買っていたのに、積ん読状態だった。知花昌一に関心があったのだけれど、読谷村長時代の山内徳信についても知りたくなった。第2章は自衛官合祀拒否訴訟の原告である中谷康子について。ちょうど今書いている論文でも、靖国合祀のことについて触れるので、タイムリーだったかも。

 午後は論文の続きをネチネチと。ようやく山を越えたという感じ。

 金曜日だしガッコウに行って仕事の続きでも、と思わないでもなかったけれど、夕方には雷も鳴り、断念。冷蔵庫のありあわせの材料で夕飯。

 最近のうーこ。窓辺での一枚。
f0091834_22112423.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-08-23 22:08 | 筆記

無題。

 今日から7月。2013年も半分終わったのか。目覚ましをセットすることなく、9時過ぎに起床。明日の中国語の小テストを作ったり、プロポーザルのコメントを書いているうちに昼過ぎになった。お腹も空いたので立川の福来軒と思い、念のために電話をかけたのに誰も取らない。月火水のうち一日休むのだけれど、それがいつなのかはぎりぎりまで不明。今週は月曜日が休みだったか。ここの麺に出会ってからは、府中の福みみでさえ物足りなく感じてしまう。
 午後は曾士栄の『近代心智與日常台湾』の続き。1930年代初頭、台北高校に通う息子と台湾新民報社の記者だった父親が、互いの日記をこっそりと読んでいたという。

 昨日のうーこ。横になってくつろぎながら小さな舌をちょろっと。
f0091834_2111371.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-07-01 21:11 | 筆記

無題。

 7時半起床。午前中は寝そべって西川長夫の新刊を読む。分厚いので持ち歩かず、1日1章ずつ家で読むつもり。今日の分を読み終え、次はアンドルー・ゴードンの『日本の200年』の続きを少し。昨日開けたばかりのサーモン味のカリカリが美味しかったらしいのと、同居人がいないこともあって、鳴いてばかりのうーこ。カリカリはおやつなので、7粒ぐらいしかあげない。そのかわりに亀の子たわしでブラッシング。
f0091834_21483160.jpg←これは3年前のうーこ。おやつを食べる時は今もこういう顔になる。

 昼前に谷保のパン屋経由でガッコウへ。昼休みに短い会議。これでようやく紀要の編集をバトンタッチできた。昼過ぎに図書館。金曜日の授業で使う『始政四十周年記念台湾博覧会写真帖』を借りる。研究室に戻ると4時に始まるはずの打ち合わせが3時に変更とのこと。会議終了後、5時過ぎに帰宅。夕飯は久しぶりに谷保の増本。
[PR]
by sarutasensei | 2013-06-05 21:51 | 筆記

抵抗。

 タンス好きのうーこ。服が毛だらけになるので入らせないようにしている。目を離した隙にもぐり込み、連れ出されそうになるのに必死に抵抗するの図。
f0091834_23172140.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-05-20 23:18 | 筆記

無題。

 同居人は早出の日。2階で明日の授業のレジュメをつくっていると、うーこが鳴いて鳴いて。そのたびに下に降りてはブラッシングをしたり、カリカリを手から食べさせたり、写真を撮ったりして相手をしなくてはいけない。まあいつものことだけど、今日はよく鳴いた。

 1時前にレジュメが完成。webクラスに載っけるやり方がまたも分からなくなり、前回のレジュメも消えてしまったため、情報基盤センターでやり方を教えてもらうことにする。うーこもさすがに眠くなっているので、起こさないようそっと出る。センターの担当者に一から説明してもらい、なんとかレジュメの掲載に成功。話を聞いているとそれほど難しくはないのだけれど、来週まで覚えているかは心許ない。せっかくガッコウに来たのだから、すぐ近くの生協をのぞき、新刊本を2冊購入。

●山形孝夫『黒い海の記憶-いま、死者の語りを聞くこと』(岩波書店)
●筑摩書房編集部編『明治への視点-『明治文學全集』月報より』(筑摩書房)

 研究室にも行ってみたけれど、別にここに居る必要もないので早々に退散。家に戻ると、うーこは出た時の体勢のままで寝てた。寝ぼけ顔でお帰りの挨拶。夜は府中に出て、おなじみの市川精肉店の焼き豚を買った後、マルヤスで夕飯。清潔な店だけど、味が濃いのが残念。
[PR]
by sarutasensei | 2013-04-18 21:40 | 買った本

無題。

 7時半に起床。9時過ぎにガッコウへ。2限は中国語。今年選んだテキスト、二重母音も子音も習っていないのに、いきなりfēijīとかkǎoshìなどの発音練習が出てくるのだけれど、大丈夫かしらん。昼はコンビニの焼きうどんを食べ、西キャンパスの教室に移動。台湾の歴史と文化、まだ登録中だけれど130人ぐらいになりそうなので教室変更をした。3000円もするテキストを半数近くの学生が購入しているのには驚く。ガイダンスをのぞけば実質第一回ということもあって、授業の進め方のほかは「四大族群」と異なる歴史像について説明して終わり。
 東の研究室に戻り、5限の『呉新栄日記』講読が6時半頃まで。6人の参加者全員が留学生とは。

 ampで届いた本。昨日の続きの引揚者文学。
●日野啓三『還れぬ旅』(河出書房新社)

 傾斜のあるちまきクッションで寝るうーこ。
f0091834_23515617.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-04-12 21:51 | 買った本

無題。

 午後1時から会議。いつものように手際よく30分弱で終わる。これで今年度の仕事はオシマイ。研究室に戻り、某研討会での発言稿をつくってしまう。まあこれで5分ぐらいにはなるだろう。

 明日から台湾なので早めに帰宅し、荷造りの準備。去年も一昨年の写真を見ると、台湾でもかなり厚着をしているのだけれど、週間予報を見る限り最低気温は18℃くらい。それよりは30℃ほどになる日が3日ぐらい続くようなので、夏用の服を中心に詰めることにする。

 夕飯は食べログで見つけた国分寺北口の食堂へ。う~ん、他人のコメントは所詮そんなものか。写真のうーこは昨日の夜に撮ったもの。服が毛だらけになるので、普段は入れてもらえないタンスでくつろぐうーこ。

f0091834_21242943.jpg


 毎度のことながら明日からしばらキャットシッターのお世話になります。いちばん下はうーこ。
[PR]
by sarutasensei | 2013-03-19 21:35 | 筆記

家で。

 うーこが布団の上で丸くなって寝ているので寝返りを打てず、熟睡感なし。同居人は早々と仕事に行った。今日は自宅でオベンキョをすることにして2階に籠もる、はずが、うーこがにゃんにゃん鳴いて相手をさせられる。普段なら昼前には寝ているはずなのに、今日は夕方まで歩き回っている。

f0091834_22193712.jpg

 椅子で丸くなって、ブラシをかけられているところ。気持ちよかろうて。

 今日の作業は林熊生論の書き直しのため、植民地と国籍法についての本を読むこと。いろいろ新しい発見はあるけれど、台湾の部分に関しては大きく書き直す必要はなさそう。

 夕方、川村湊の本を十数年ぶりに再読。
f0091834_2224226.jpg●川村湊『満洲崩壊-「大東亜文学」と作家たち』(文藝春秋)

 この本、川村の植民地文学論のなかで、いちばん面白いと思ったもの。『図書新聞』に掲載された池田浩士のコメント切り抜きも出てきた。印象的な箇所を引用。
 川村湊がきりひらいてきた新しい地平のもうひとつは、植民地支配や侵略戦争という歴史的事実を「悪」として確認することを前提としかつ結論とする-という研究パターンから、植民地文学論を解放したことである。これはなにも、日本の植民地支配にも認められるべき良い側面があったとか、あの戦争は侵略としてのみとらえるべきではないとかいうような(「のみ」だけなどというものがこの世に存在しないのは当たりまえのことだ!)、心情も感性も脳味噌も腐り果てた「自由主義史観」主義者たちの言説と、川村湊の仕事が共通点をもっている、という意味では断じてない。そうではなく、たとえばある作家のある作品を、それが一目瞭然のやりかたで日本による植民地支配の現実を告発し批判していないからといって全否定するのではなく、それが書かれ読まれた当時の現実や作者の視線を想像力によって追体験しつつ、当時の限界のなかでそれを一歩でも半歩でも踏み越えようとする文学表現の試行と可能性を、作品そのものから読みとる-という観点が、そしてまたそのような試みの稀薄さと既成性への屈服を、作品の弛緩との具体的な関連にそくして批判する観点が、川村湊の植民地文学論もなかで模索されてきたのである。(『図書新聞』no.2367)

[PR]
by sarutasensei | 2013-03-14 22:36 | 読んだ本

猫の日。

 昼前に谷保駅近くのパン屋に寄ってからガッコウ。ハバネロ入りのカレーパン、辛くてうまい。昼過ぎに修士修了者の面接が1つ。その後、明日の研究会のレジュメを仕上げ、学会の仕事も少々。夕方5時からの仕事まで少し時間があったので、自転車で図書館に行ってくる。『現代中国』や『思想』の論文をコピー。久しぶりにゆっくり館内を回る。5時からの面接は一時間弱で終わり。夕飯はいんでぃ庵の野菜カレー。くたくたになって帰宅。明日は早起きしなくては。

 今日は猫の日なので、空のゴミ籠に入っているチビだった頃のうーこの写真を。
f0091834_159145.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-02-22 20:13