アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏の終わり。

 昼前に家を出る。大学生協に注文していた本が届いたというので、まずは受け取りに。

 買った本。
●関曠野『フクシマ以後-エネルギー・通貨・主権』(青土社)
●『帝国崩壊とひとの再移動-引揚げ、送還、そして残留』(勉誠出版)

 明日が〆切りの書評、夕方ようやく完成。なんとか目安の8000字まで引きのばした。この作業、けっきょく10日もかかった。そのわりに達成感ないなあ。一晩寝かせようかとも思ったけれど、さっさと手放したいので編集部へ送ってしまう。

 夜は久しぶりに増本でアジフライ。ここのぬか漬け、とてもおいしいのだけれど、秘訣は冷蔵庫に入れておくことだけだって。

 今日で夏休みは終わり。明日は金曜日なのでいきなり3コマ。2限目の中国語、夏休み前のテストを返していなかったので、答え合わせぐらいだな。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-29 21:54 | 買った本

無題。

 台風のせいで2階のベランダが水浸しになった。午前中はたまった洗濯とベランダの掃除。お腹もすいてきたし、時節柄おはぎが食べたくなったので、駅前のスーパーまで買い出しに。今日は3種類のおはぎを同居人と半分ずつ食べた。おはぎを食べるとき、いつも磯野藻屑源素太皆のことを思い出すのだけれど、マンガとはいえ、38個も平らげるなんてたいした人だなあ。

 午後は書評の続きを少々。もう少し進めるはずだったけど、まだ序章部分。〆切りまであと一週間か。夕方、立川へ。オリオン書房で1冊だけ。

●鹿野政直『沖縄の戦後思想を考える』(岩波書店)

 明日は朝から修士入試の面接。担当分の研究計画書や卒論など、まだ読み終わっていない。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-23 21:55 | 買った本

台風前夜。

 涼しかったせいか、目覚ましが鳴る前に目が覚めた。昼過ぎに入試の作業があるので早めにガッコウへ。雨なので台湾で買った雨靴で出かける。この雨靴、通気性がすごく悪いのだけれど、雨には強い。まあ今日はこれを履くほどでもなかったな。

 午後1時からおよそ1時間の入試業務。そのあとは昨日からようやく手をつけた書評の続きを少々。あまり気分が乗らず、美談論の資料読みにうつる。5時前に帰宅。大学通りの本屋に立ち寄り、新刊を2冊。『カクテル・パーティー』は戯曲版を収録しているので。

●鷲巣力『加藤周一を読む-「理」の人にして「情」の人』(岩波書店)
●大城立裕『カクテル・パーティー』(岩波現代文庫)

 明日は10時から会議。台風が直撃しそうなので、レインポンチョに雨靴。停電にならなければよいのだけれど。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-20 21:19 | 買った本

西荻窪の古本屋。

 日曜の朝、なかなか起きられず、起きたあともぐずぐず。横になって本を読もうとしても、すぐに寝てしまう。このまま休日が過ぎてしまうのはつまらないので、荻窪周辺の古本屋に行くことにする。

 西荻窪で下車して荻窪に向けてゆるゆる歩こうという算段。初めての駅なのに予習をしてこなかったので検討がつかない。目指す店は中央線の南側なので、まずは南口に出る。駅からほど近い商店街で地味な古本屋を発見。さほど期待せずに入ったら、とんでもなく品揃えの良い店だった。不意を打たれクラクラして何も買えずに退散。東に向かい、にわとり文庫と荻窪駅近くの岩森書店で1冊ずつ。大本命のささま書店では、目移りしすぎて購入には至らず。
 おぎくぼ・にしおぎくぼ・吉祥寺の古本屋がつくった『おに吉古本案内 vol.4』(2009年6月調べ、編集長は岡崎武志)によると、西荻窪にはおもしろそうな古本屋が何軒もあるのだな。今度はもっと早い時間に行かなくては。

 買った本。
●木島始『はなしが降ってきた』(筑摩書房)
●海野弘『ヨーロッパ・1920年代 四都市物語』(冬樹社)

 荻窪の駅ビルでトンカツを食べて帰宅。帰宅後、疲れて夕寝。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-19 00:57 | 買った本

修士入試。

 秋の修士入試初日。8時半集合なので、いつもよりずいぶん早起き。さてガッコウへ、という時になって大雨が降ってくる。自転車を諦め、徒歩通勤。湿度の高い一日だった。

 4時半まで試験監督。割り当てられた答案の採点を終え、6時前には帰宅。なんやかんやで大いに消耗。

 ampに注文していた北原白秋の古書が届く。
f0091834_23104911.jpg●北原白秋『台湾紀行 華麗島風物誌』(彌生書房)

 1934年に「華麗嶋風物誌-台湾紀行」というタイトルで『改造』に2回にわたって掲載されたものの単行本。この紀行文、いつかなにかの論文で扱ってみたいと考えていたのだけれど、よもや美談論でとは。単行本に収められた「台湾旅行について」の何気ない一節が、決定的。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-17 23:16 | 買った本

無題。

 10時半頃ガッコウへ。今日は紀要の編集作業と週末の修士入試の印刷など。明日も午後から長引きそうな会議が入ってる。土曜は入試ですぐに採点。世の中は3連休かあ。来週の土曜は面接なので、まる一日休日出勤。9月って授業はないけれど、中旬以降は夏休み感、全くないな。月末が〆切りの8000字の書評もそろそろ気になってきた。

 夕飯はひさしぶりにいんでぃ庵。今日のカレーは辛くなかった。生協に寄り、シュークリームを買って帰宅。

 読んだ本。
●荻原魚雷『本と怠け者』(ちくま文庫)
f0091834_22174886.jpg
 気分的にはタイムリな一冊。尾崎一雄が読みたくなって、駅前の古本屋で『まぼろしの記 他五編』(旺文社文庫)を買う。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-15 22:22 | 筆記

無題。

 今日も暑い。天気予報では来週の月曜日までこんな感じだとか。

 O老師の集中講義を聴きに行くため、土曜日に引き続き今日もクビ大へ。テーマはもちろん満洲文学。今日は『華文大阪毎日』について。科研費の課題とかぶることもあって、楽しみにしてた。帰りは府中経由のバスで帰宅。

 府中駅前の古本屋で文庫本を2冊。
●林京子『祭りの場・ギヤマン・ビードロ』(講談社文芸文庫)
●スティーヴン・マーカス『もう一つのヴィクトリア時代-性と享楽の英国裏面史』(中公文庫)

 明日は六本木の交流協会で資料調査。
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-13 22:27 | 筆記

暑さのぶりかえした日。

 昨日の夜10時過ぎ、本を読むのに疲れたのでちょっと目をつぶったら、そのまま撃沈。気がつけば昼の11時近く。不自然な体勢で長時間寝続けたので、体も痛いし軽い頭痛も。夜中に寒くて何度か目が覚めたのに、よくもまあこれだけ眠れるものだなあ。
 昼からは紀要関連であちこちにメール。この作業、始まったばかりなのに、もう消耗している。

 3時半過ぎにガッコウへ。図書館の雑誌棟で軍事美談に関するついての古い資料をコピー。それにしてもコピー機を置いてあるところ、冷気がまったくあたらず、暑い。

 夕方、車で立川へ。久しぶりにリアル書店で本を手に取ると、やっぱり楽しい。
●笹川裕史『中華人民共和国の社会史』(講談社選書メチエ)
●悪麗之介編『天変動く 大震災と作家たち』(インパクト出版会)
●岸田國士『紙風船/驟雨/屋上庭園 ほか』(ハヤカワ演劇文庫)
●荻原魚雷『本と怠け者』(ちくま文庫)

 ampでも一冊。とっくに読んでいなければならない本を今頃ようやく。
●蔡錦堂『日本帝国主義下の宗教政策』(同成社)
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-09 21:38 | 買った本

無題。

 久しぶりにガッコウへ。12時前に研究室着。9月に入って暑さもさすがに一段落というところ。さっさと台湾出張の書類をかたづけようと思ったのだけれど、科研費の入金が大幅に遅れたために、webでの会計処理がまだできないらしい。

 午後は台湾でコピーした資料を眺めながら、地震直後に震災地復興委員会が主張した「自力更生」論について、『台湾日日新報』などを検索。ふうん。なんとなく美談論の骨組みが浮かんできた感じ。

 夜は車で立川に出て、お好み焼きと焼きそばの夕飯。立ち寄った本屋で新刊の新書を1冊。
●重田園江『ミシェル・フーコー-近代を裏から読む』(ちくま新書)
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-06 21:52 | 買った本

20年。

 昨日の夜、台湾から帰宅。台北の松山空港から羽田なので、ずいぶん移動はラクになったとはいえ、それでも7時間かかる。やっぱり那覇-台湾のようにはいかない。

 くたびれ果てて荷物をかたづけながらふと思い出したのだけれども、アカコが初めて台湾に行ったのは1991年の春。その年の8月に台湾の中国古典文学研究会が主催した「中国二十世紀文学-台湾・香港・日本三地学者学術交流」という企画に中国文芸研究会のメンバーとして参加したんだっけ。アカコのコメンテーターは林瑞明老師。帰国直後の野草の夏合宿は、台湾話で異様な盛り上がりかただったのを覚えている。研究会の代表としていつでも発言を求められたO先生をはじめ、みんな若かったな。なんせ20年も前のことだもの。

 今回は、植民地期の美談資料を集めるのが主な目的。台湾分館の資料はかなりデジタル化が進んでいるとはいえ、まだ微巻でしか読めないものも多い。苦労した甲斐あって、おもしろい文献を入手できたけれど、この年になるとマイクロ作業は本当に疲れる。

 観た映画。許不了主演のDVD。
f0091834_071686.jpg
●朱延平『天才蠢材
[PR]
by sarutasensei | 2011-09-05 22:06 | 筆記