カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 4 )

猫の日。

 昼前に谷保駅近くのパン屋に寄ってからガッコウ。ハバネロ入りのカレーパン、辛くてうまい。昼過ぎに修士修了者の面接が1つ。その後、明日の研究会のレジュメを仕上げ、学会の仕事も少々。夕方5時からの仕事まで少し時間があったので、自転車で図書館に行ってくる。『現代中国』や『思想』の論文をコピー。久しぶりにゆっくり館内を回る。5時からの面接は一時間弱で終わり。夕飯はいんでぃ庵の野菜カレー。くたくたになって帰宅。明日は早起きしなくては。

 今日は猫の日なので、空のゴミ籠に入っているチビだった頃のうーこの写真を。
f0091834_159145.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-02-22 20:13

休日。

 今日は平日だけど休講日なので麻から神保町に映画を観に行く。原作の『最初の人間』は単行本を持っているはずだけど、例によって見あたらない。かといって文庫を買い直すのも癪にさわる。岩波ホールって、前に来た時もそうだったけれど、観客の年齢層が高い。アカコが平均年齢を下げる側というのは。前の席との段差がほとんどないので、あまり好きな映画館ではないけれども、東京ではここでしか上映しないのだから仕方ない。

 映画の後は揚子江菜館で軽い食事を取った後、内山・東方・東京堂を回る。買ったのは東京堂で1冊だけ。
●秋原勝二『夜の話-百歳の作家、満洲日本語文学を書きついで』(SURE)

 著者は満洲時代に始まる『作文』同人で、今なお作品を書いている人。『最初の人間』を観た日はふさわしい本ではなかろうか。あと来年からは満洲文学についてもオベンキョしなくてはならなくなりそうだし。

 疲れたので休みたくても、神保町では禁煙の喫茶店がどこにあるのか分からず、我慢。地下鉄で有楽町に移動。煉瓦亭で早めの夕飯を食べ、わしたショップで正月用の沖縄物産を買い込む。沖縄そばとかフーチバとか。それにしてもこの時期はエアコンのために空気が極端に乾燥していて、目がつらい。ごま油を配合したドライアイ用の目薬が手放せない。
[PR]
by sarutasensei | 2012-12-25 23:24

台北3日目。

 9時過ぎに宿舎を出、MRTで台湾大学の図書館へ。まずはB1で大東亜戦争期の上海文学に関する博士論文をコピー。5階の特蔵部で、植民地期の新聞資料の複写を依頼する。これができるのは月曜日だとか。もういっかい、この図書館に来なければならない。
 その後、3階、2階でリストアップしていた文献のコピー。3階のコピー室では、るー大時代に同じ専攻にいた知り合いに声をかけられた。2階でも成功大学のW老師にばったり出くわすし、世間は狭いや。

 水源市場で蚵仔炒米粉を食べた後、唐山、南天書局で本を買い、バスでホテルに戻る。

 夜は西門町の河岸留言で林生祥のライブ。
[PR]
by sarutasensei | 2011-03-26 01:21

眠くて。

 今日は会議の日。11時すぎに家を出ると、日食のせいか普段より涼しく感じる。

 12時の専攻会議に始まり、1時半の代議会、そのまま休む間もなく2時半からの教授会がエンエンと6時近くまで。その後に予定されていた研究科委員会は、定足数にたりず不成立。来週、臨時の研究科委員会を開くんだとか。
 連日、寝不足のアカコは、椅子から滑り落ちそうになるほど、のけぞった体勢で爆睡。学部長席からは、さぞかしよく見えただろう。

 家に帰っても、論文の準備をやる気分にならず、かといって月末が〆切の報告書を書く気にもならず、手近にあったエッセイをだらだらと読んでいる。
 今読んでいるのは ↓
f0091834_2152415.jpg●早川良一郎『さみしいネコ』(みすず書房)
 定年退職後の優雅な日々。こんな将来、アカコにはやってこないだろうな。





 ampに注文してた本が届く。出たばかりの新刊が、もう古本が出回っているなんて。
●飯島渉他編『シリーズ20世紀中国史 1 中華世界と近代』(東京大学出版会)
[PR]
by sarutasensei | 2009-07-22 22:01