アカコの備忘録。


by sarutasensei

2011年 01月 11日 ( 1 )

長い一日。

 今日は同居人の手術の日。アカコとしては驚異的な5時起床。7時半には病院着。
 手術は9時半にスタート。おおよそ3~4時間だと聞いていたけれど、待てど暮らせど終わったという連絡が来ない。いくら心配でも、部屋で本を読んで待つしかないわけで。それでも4時過ぎに無事終了。

 病室で読んだ本。
●トーマス・マン『トーニオ・クレーガー 他一篇』(河出文庫)
● 国江春菁『宋王之印』(慶友社)

 『宋王之印』は拾い読みしかしていなかったもの。ちょっと必要になったので、最初から読み直し。授業で扱うなら「董さん」がやりやすそうだけれども、アカコが好きなのは「におい」だな。主人公の気持ち、ものすご~く分かる。

 手術当日であっても泊まり込むことができないので、8時半頃病院を後にする。昼ご飯、食べ損ねた。病院の近くでラーメンを食べてから、満員電車で帰宅。

 帰るなり一日ほっておいた黒白猫が甘えること甘えること。癒されます。
[PR]
by sarutasensei | 2011-01-11 23:00 | 筆記