アカコの備忘録。


by sarutasensei

2011年 01月 09日 ( 1 )

文庫本だけ。

 同居人が入院、手術のため、新宿に通う日々。中央線と丸ノ内線で一時間弱。高速を使わなくても車で同じぐらい。それなら混雑した電車より車を選ぶ。週末で外泊していた同居人と今年初のbroom & bloomの夕飯の後、そのまま新宿の病院へ。まだ一人でナビを横目に高速に乗るのが不安なので、甲州街道をひたすら西へ向かうルートで帰宅。きっかり『PHOTON』一枚を聞き終えたところで到着。

 近所の本屋で文庫本だけ。安藤鶴夫はampで
●ジークフリート・クラカウアー『天国と地獄-ジャック・オッフェンバックと同時代のパリ』(ちくま学芸文庫)
●トーマス・マン『トーニオ・クレーガー 他一篇』(河出文庫)
●エリック・ホブズボーム『匪賊の社会史』(ちくま学芸文庫)
●安藤鶴夫『』ごぶ・ゆるね』(旺文社文庫)
[PR]
by sarutasensei | 2011-01-09 22:51 | 買った本