アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

怎么样的人民就有怎么样的政府。

 今週末の中国語のテストに向けて復習するために、前回の授業の際に、これまでよく理解できなかった箇所を紙に書いてもらった。一番多かったのが、疑問詞の連用っていうやつ。「你要什么,就买什么吧。」とか「你想去哪儿,就去哪儿吧。」みたいな構文のこと。もっと分かりやすい例文はないかなあ、とあれこれ参考書をめくっていたら、「怎么样的人民就有怎么样的政府。」というのを発見。はた、と膝を打ちたくなるようなスバラシイ例文ですね。

 今日は、オムニバス形式でひとり一回ずつ担当する「文学入門」という授業の担当が回ってきた。アカコがやったのは、魯迅の「狂人日記」から読む中国近現代文学。あれこれ90分しゃべって、最後に引用したのは、「暴君の治下の臣民は、おおむね暴君よりもさらに暴である。暴君の暴政は、しばしば暴君治下の臣民の欲望を満たすことができない」(「随感録」65)っていう例のやつ。なんか、今のニッポンのことを言ってるみたいですね。

 今日のyahooニュースに出ていた記事が目に留まる。読売広告社がまとめた「読広生活者調査 Canvass2006」によれば、「独自の階層尺度・社会経済地位指標(socio-eonomic-status 略称SES)」を用いて、東京・大阪圏内に住む満13歳から69歳の一般男女1700件あまりのデータを分析したところ、「低群」が52.1%、「中群」が33.7%、「高群」が14.2%を占めたという。まあ、この「SES」ってどういう計算してるのか、アカコにはさっぱり見えないんだけど。
 「SESとライフスタイル志向との関係」の分析の一例は以下の通りになるんだそうな。Hが「高群」/Lが「低群」ね。

「人や社会のために役立ちたい」H 53.9% L 23.9%
「やりがいのあることをしたい」H 50.5% L 32.6%
「その日を楽しんで生きたい」H 16.5% L 25.1%
「現在の生活が不安」H 15.1% L 47.0%
「将来の生活が不安」H 53.4% L 82.8%
「政治に関心がある」H 43.2% L 21.4%
「向上心が強い性格」 H 40.8% L 17.9%
「ボランティア経験がある」 H 37.9% L 26.4%
「おしゃれを楽しんでいる」 H 35.0% L 19.0%
「情報を知るのが人より早い」 H 32.0% L 8.2%
「知識や教養を得るために努力している」 H 59.2% L 28.0%
「やりたいことにもっとお金をかけたい」 H 79.2% L 67.6%

 だそうです。アカコは「その日を楽しんで生きたい」し、「ボランティア」なんて全~然やりたくないし、「人や社会のために役立ちた」くない。こうしてみると、典型的な「低群」的ライフスタイルってことになります。まあ、そうだろうな。納得。
[PR]
by sarutasensei | 2006-07-31 20:19 | 筆記