アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

100人の文士/100通りの死。

f0091834_2385036.jpg●大村彦次郎『文士のいる風景』(ちくま文庫)

※武田麟太郎(1946年没)から丹羽文雄(2005年没)までの、100人の「文士」の100通りの死を描いたもの。46歳で脳血栓のために失語症となり、生活保護を受けるものの、妻に自殺されてしまう小山清の箇所が特に印象的。
 夜、NHKスペシャルの「ワーキングプア~働いても働いても豊かになれない~」を見る。番組のHPによれば、「生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1。400万世帯とも、それ以上とも言われている」という。
 それにしても、関西学院大学のセンセイの発言のひどさが際立っていたけど、こんな発言、全国に放送されて、大丈夫なのかしらん?
 でも、働いても豊かになれない社会、セーフティネットがほとんど機能しない社会っていうのは、けっして政策の「失敗」などではなく、為政者が望んだ通りの結果なんだとアカコは思うよ。
[PR]
by sarutasensei | 2006-07-23 23:18 | 読んだ本