アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

無題。

 同居人は早出の日。2階で明日の授業のレジュメをつくっていると、うーこが鳴いて鳴いて。そのたびに下に降りてはブラッシングをしたり、カリカリを手から食べさせたり、写真を撮ったりして相手をしなくてはいけない。まあいつものことだけど、今日はよく鳴いた。

 1時前にレジュメが完成。webクラスに載っけるやり方がまたも分からなくなり、前回のレジュメも消えてしまったため、情報基盤センターでやり方を教えてもらうことにする。うーこもさすがに眠くなっているので、起こさないようそっと出る。センターの担当者に一から説明してもらい、なんとかレジュメの掲載に成功。話を聞いているとそれほど難しくはないのだけれど、来週まで覚えているかは心許ない。せっかくガッコウに来たのだから、すぐ近くの生協をのぞき、新刊本を2冊購入。

●山形孝夫『黒い海の記憶-いま、死者の語りを聞くこと』(岩波書店)
●筑摩書房編集部編『明治への視点-『明治文學全集』月報より』(筑摩書房)

 研究室にも行ってみたけれど、別にここに居る必要もないので早々に退散。家に戻ると、うーこは出た時の体勢のままで寝てた。寝ぼけ顔でお帰りの挨拶。夜は府中に出て、おなじみの市川精肉店の焼き豚を買った後、マルヤスで夕飯。清潔な店だけど、味が濃いのが残念。
[PR]
by sarutasensei | 2013-04-18 21:40 | 買った本