アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

無題。

 5時過ぎにじっとりとした暑さで目が覚める。エアコンは我慢して扇風機でもう一眠り。9時前に起きて、簡単な朝食をとり、朝のオベンキョ。そういや小学生の頃、涼しい午前中に勉強をしましょう、などと言われていたっけ。温暖化かなんか知らないけれど、今では朝の早いうちから30℃を突破しているものな。

 まずは業務として、最近出た中国文学の論文集に手をつける。この分野は外行のせいもあるけど、どうも論理がよく理解できない。夏休みの宿題のつもりで、一日に一章ずつ消化していけばいいや。

 3時過ぎ、少しは陽が弱くなったような感じがしたのでガッコウへ。まずは生協で台湾行きの航空券を購入。もう慣れっこになったけれども、エアチケットっていうのは、どうにも頼りないものだと思う。ついでに隣の書籍コーナーで本を1冊。
●グードルン・ハウゼヴァング『そこに僕らは居合わせた-語り伝える、ナチス・ドイツの記憶』(みすず書房)

 今日は1946年2月に「北平」で創刊された雑誌『新台湾』を読み始める。慅生の小説「一個少女的死」がここに掲載されたので。やっぱり初出誌を手にすると、『人間』の特集で読むのとは違って、この作品がどういう文脈のなかに置かれていたのか、イメージしやすい気がする。今のところは、あくまで「気」の段階でしかないのだけどね。
[PR]
by sarutasensei | 2012-07-30 21:30 | 買った本