アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

無題。

 8時半起床。今日も暑い。午前中は論文の手直し。最後の部分が今ひとつ。今日は気分が乗らないので作業を中止。冬学期に院の授業で満洲についても扱うので、ルイーズ・ヤングの『総動員帝国-満洲と戦時帝国主義の文化』を赤鉛筆を片手に読み始める。数ページ読んだところで眠気に負け、1時間程昼寝。
 午後、新しいノートパソコンのセッティング。画面にシャットダウンのマークが表示されず、いちいち検索をして電源を切らなければならないなんて。夕飯は前から行きたかった多摩蘭坂のイル・ジラソーレへ。期待をはるかに上回るおいしさ。これはいい店を見つけた。
[PR]
by sarutasensei | 2013-08-31 22:35 | 筆記

無題。

 ずっと家にいるのが嫌になって、特に目的もなく五日市街道をひたすら東へ。夕飯は三鷹の虎坊
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-12 23:05 | 筆記

無題。

 8時半起床。西砂のゼルコバに行くために8時にセットしていたのに起きられなかった。9時半過ぎに家を出、立川南通りを西に向かう。道幅は広いのだけれど、五日市街道と同じくここも一車線で、前回よりも混んでいるのは連休のせいかしらん。10時20分頃にゼルコバ着。道路に面している駐車場はすでにいっぱい。敷地の中に誘導される。いつものようにパンを3つとマンデリンの朝ご飯。明日の分のバナナパンとチーズパンを買い足して、イオンに向かう。11過ぎにイオン着。駐車場がかなり混雑していたけれど、午前中なの割とすんなりと入れた。店内はやはり客が多く、長居をすると疲れそうなので、目当てのものだけを買ってそそくさと出る。もう4月も終わりで紫外線が強くなっているせいか、サングラスをかけていても目が疲れる。冬の間はこんなことはなかったものな。沖縄では3月ぐらいからこんな症状が出ていたはず。帰宅後、寝不足と目の疲れが重なって、2時間ぐらい昼寝。
 目が覚めてからは史明の口述史の続き。台湾独立運動のために日本赤軍と接触していたというのは初耳。それにしても日本赤軍のデモが20~30万人を動員していたというのはなんかなあ。あと王育德のことは何度も出てくるけれども、邱永漢についてはごく簡単にしか触れられていないのは残念。

 夕飯を作るのが億劫で、谷保の丸信へ。焼きそばと焼売。

 買った本。昨日ampに注文したものがもう届いた。
●鳥山淳『沖縄/基地社会の起源と相克 1945-1956』(勁草書房)
[PR]
by sarutasensei | 2013-04-28 22:03 | 買った本

無題。

 昨日は3コマの授業に疲れ果て、どろどろの状態で帰宅。夕飯後、4時間も寝る。今朝は9時頃にどんよりと起床。天気が下り坂とのことだけれども家にいると腐るので、久しぶりに吉祥寺に。駅前の「カフェ ロシア」で大満足の昼ご飯。小雨の降る中を、古着を買ったり古本を買ったり久しぶりにジュンクに行ったりと、物欲も満足させた一日だった。

 買った本は古本1冊と新刊1冊。
●川端康雄『葉蘭をめぐる冒険-イギリス文化・文学論』(みすず書房)
●姜信子、ザーラ・イマーエワ『旅する対話-ディアスポラ・戦争・再生』(春風社)
[PR]
by sarutasensei | 2013-04-20 22:03 | 買った本

眠い日。

 昨日の夜が遅かったせいか、朝起きてからも眠気がとれない。新聞を読んだ後、二度寝してしまう。12時半頃に車を出し、府中のふくみみへ。先週の土曜日、ここでラーメンを食べようと思ったのに、長蛇の列を見て早々に退散をした。平日だったら大丈夫だろうと思ったら、それでもやっぱり行列。1時半ぐらいに来れば並ばすに入れるかもしれない。

 大学に戻り、明日の授業の準備。レジュメをwebで載っけるためのやり方が分からず、助手と二人して四苦八苦のあげくようやく成功。これでレジュメも資料も印刷をしなくて良いのだから、ずいぶん楽になると思う。

 買った本。ampで2冊。『立命館言語文化研究』の「引揚者」文学プロジェクに収録された朴裕河論文で言及されていたもの。

●三木卓『ほろびた国の旅』(講談社)
●後藤明生『夢かたり』(中央公論社)

 『ほろびた国の旅』は、るー大時代に卒論で扱った学生がいて、その時に一度読んだことがある。2009年に復刊されていたのは知らなかった。
[PR]
by sarutasensei | 2013-04-11 20:47 | 買った本

無題。

 目が覚めたら10時過ぎ。早くも休みモードだけれど、こんなに遅く起きるとせっかくの休日がもったいない。朝昼兼用のパンを食べ、まずは最後の章を読み残した本を読み終えてしまう。

●難波功士『社会学ウシジマくん』(人文書院)
f0091834_220526.jpg


 午後は昨日の続きで論文の手直し。本格的に手を加えると大変なことになりそうなので、関連する論文2本を1本にまとめる程度にとどめるつもり。それだけでも注の書式が違ったりするから簡単ではない。

 カレーのおいしい店があるというので、夜は久しぶりに武蔵小金井に。ちょうど混む時間帯だったらしく、15分ぐらい店の外で待たされる。レギュラーサイズなのに量が多くて、今も消化不良。近場のいんでぃ庵の方が好きな味。
[PR]
by sarutasensei | 2013-03-09 22:13 | 読んだ本

吉祥寺散歩。

 不動産屋との契約が終わり引越業者も決定、今住んでいる所も解約手続きをすませた。この2週間ぐらい、ずっと引越関係のあれこればかりやっていたような気がする。天気もいいので午後から吉祥寺へ。まずはもんくすふーずで腹ごしらえ。最近、吉祥寺での食事は、いつもここ。北口であちこちの店にひっかかった後、ジュンク堂へ。

 買った本。
●陳玉慧『女神の島』(人文書院)
●スーザン・ジョージ『これは誰の危機か、未来は誰のものか』(岩波書店)
●マリアンヌ・マン=ロト『イスパノアメリカの征服』(文庫クセジュ)

 篭蔵で餃子を買って帰宅。何度も店の前は通ったことがあるけれど、買うのは初めて。添付の説明書通りに焼いたら期待以上の激ウマ。これは吉祥寺土産の定番になりそう。
[PR]
by sarutasensei | 2011-12-24 22:35 | 買った本

遊んだ日。

 東京外大でヤスミン・アフマドの『タレンタイム』を上映するというので、日曜なのに早起き。この映画、同居人が映画評を書いたので観たかったもの。武蔵境で西武線に乗り換え。多磨駅に初めて降りる。日本マレーシア学会の企画なので、ユーロスペースのように大勢の客がいるわけではなく、ゆったりと観ることができたのはなにより。

 映画の後は立川に戻り、立川第一デパート地下のサンモリノでナポリタンを食べる。懐かしのレストランらしく、ネットでの評判は高いのだけど、また食べたいとは思わないな。食後、オリオン書房へ。亀山郁夫の『悪霊』が完結したので、昨日から読み始めた。こういう長編小説って、ほかの本が手に着かなくなるのが難点。早めに2巻を買っておく。

●ドストエフスキー『悪霊 2 』(光文社古典新訳文庫)
●『POSSE 13 』(NPO法人POSSE)

 家に戻り、寝そべりながら『悪霊』を読みながら、そのまま昼寝。夜は谷保の増本でトンカツ定食。ここのトンカツは本当に美味しい。今日はまったくベンキョウせずに過ごしたおかげで、ずいぶん気分転換になった。
[PR]
by sarutasensei | 2011-12-11 21:44 | 見た映画(など)

疲労蓄積。

 毎週金曜日の夜は倒れ込むように寝てばかり。先週は土日とも研究会で休みがなかったので、疲れが相当たまっていたみたい。今日も横になっては寝、起きては柴田翔の昔の小説を眺めては眠くなる、の繰り返し。夜になってようやく体がしゃんとしてきた気がする。休みの日なのだから、まあ仕方ないか。

 夕方、駅前のスーパーで買い物をして、そのまま自転車で富士見通りの韓国料理屋へ。地元の客しか来そうもないけれど、キムチやチヂミがおいしかった。噂には聞いていたとおり、料理の出るのが遅いのが難点。今度は焼肉を食べに来よう。
[PR]
by sarutasensei | 2011-05-21 22:46 | 筆記

塩糀のおいしさ。

 今日も同居人は早い時間に出勤。天気がいいので、うーこはベランダでウトウト。アカコも出かける時間になったので、昨日のようにモンプチで呼び寄せようとしたのだけれど、眠たいせいか反応が鈍い。ぼんやりしているうーこの鼻先にモンプチをつきだして、ようやく部屋への誘き寄せ作戦成功。

 少し遠回りをして、駅の北口近くのひよこ豆で昼ご飯。ここは塩糀を使ったメニューが売り物。今日食べた塩糀チキンのグリルも美味しかった。水・木ならランチに通えるな。

 今日の仕事は、明日の授業で使う頼和の『一桿秤仔』についてのレジュメ作り。夕方までかかってようやく完成。
[PR]
by sarutasensei | 2011-05-19 21:15 | 筆記