アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 朝から大雨。レインポンチョをかぶって登校。濡れないのはいいけれど、けっこうムシムシする。
 海南島論文のため、「日本の古本屋」経由で注文した古書が3冊届く。資料集めは続けるけれども、論文は今日から書き始めた。

●陸軍省情報部『改訂版 輝く帰還兵のために』
●木村毅編『支那紀行』(第一書房)
●火野葦平『百日紅』(新聲閣)

f0091834_20481537.jpg 陸軍省情報部のパンフを読むと、中国戦線からの帰還兵が故郷で何をしゃべるのかということに、軍がどれだけ神経を尖らせていたのかが分かる。そりゃそうだろうなあ。
 諸士は戦場に於て銃後の熱誠な後援といふものが如何に力強く有り難いものであるかといふことを痛切に感じたことであらう。之を思つたならば、銃後の人々に対してはその知らんと欲する戦地の状況や、戦友の勇戦ぶり、或は自らの尊き体験等を細大となく懇切に聞かすべきは当然であるが、それには苟も銃後の後援を弛緩せしめたり或は萎微せしめるやうな言動を充分に慎まねばならぬ。
 殊に帰還早々で気分が昂り、歓迎や歓待を受ける場合などになると不知不識の間に謙譲のたしなみを忘れて自己の功績を得々とし語り、或は戦況特にその労苦や惨烈の状況等を誇大に吹聴して、国民の戦争に対する恐怖心を深からしめたり、或は戦友や上官を誹謗して皇軍の名誉を傷けたり、或は軍に対して誤解を抱かしめたり、支那側の逆宣伝の材料として利用せられたり、又時とすると軍事上の機密を漏洩する等の過失を犯すやうなことがないとも限らないのである。(中略)
 諸士が戦場で他から聞いたことは、実際に見たことゝは自ら区別して考へたり話たりしなければならず、又話して差支あるかないかといふことに就ては控目にするか、或は先輩に質して見る等の注意が必要である。(中略)
 縦令事実を事実として語る場合に於てもそれが銃後の国民や対外関係に及ぼす影響等を考へたならば、そこには語ることの出来ない限界といふものもあり得るのである。(pp.26-29)

[PR]
by sarutasensei | 2010-09-08 20:38 | 買った本

再開。

 帰省中、さぼりまくっていた海南島論文のオベンキョ再開。とっくに読んでおかなければならない火野葦平の『海南島記』(改造社)をようやく読んだ。
f0091834_15551348.jpg
 1939年2月の海南島占領に同行した火野は、プロパガンダ中国語新聞『海南迅報』の発行についても言及している。同紙には文芸欄もあり、詩や小説や戯曲も掲載されたらしいけど詳細は不明。新華網によれば、日本語紙『海南新聞』も出ていたんだそうな。

 それにしても火野の本に収録されている伝単に付された日本語のルビがなかなか味わい深い。もともとは海南島の人たちに向けたビラなのだから、ルビは日本の読者向けなのだろうけれど。例えば軍票についての「佈告」はこんなの。
日本陸軍(につぽんりくぐん) 占拠本地(せんきよすほんちを) 日軍所使(にちぐんのつかふ) 軍用手票(ぐんようしゆへうは) 的確日本(まさしくにつぽん) 政府発行(せいふのはつこう) 故此永遠(だからえいえん) 信用絶大(しんようぜつだい) 不得跌價(さがるわけなく) 不准折扣(わりびきゆるさず) (後略) (p.59)
 なんだとさ。「しんようぜつだい さがるわけなく」って、それどころか紙切れになったわけだし。
[PR]
by sarutasensei | 2010-08-10 20:55 | 読んだ本

メモ。

f0091834_12555515.jpg●ノーマ・フィールド『祖母のくに』(みすず書房)

 日本人は戦争にたいする「被害者意識」をしばしば批判されるが、記念行事はもっと厳密には被害者〔victim〕を殉教者に、つまりおのれを犠牲〔sacrifice〕として捧げた英雄に変容させる。(日本語では「被害者」と「犠牲者」のちがいである。)たとえばあの忘れがたい一九九三年八月一五日、細川首相は「尊い犠牲」という言い方をしている。式辞のこれよりもまえの個所で、彼は「戦争犠牲者」のなかに「アジア近隣諸国」および「全世界」の人びとをはじめて含めるという、大きな一歩を踏み出したことは確かだが、「尊い」犠牲というのが日本人を指しているのは明白だった。(中略)
 これらの死はなんのためであったか、何がそのために死ぬ価値のある大義として含意されているのか。「おクニのため」というのがひとつの自明な答えだが、この場合の「クニ」の曖昧さは暗黙のうちに、しかし確実に、戦前の国家とそれがおこなった「聖戦」を呼びおこす。しかし明示的に呼びおこされる国は、「平和と繁栄」を体現する国である。ふたたび一九九三年八月一五日を引きあいに出すと、その日の天皇、細川首相、土井衆議院議長のいずれの挨拶にも、これらの言葉がしばしばあらわれる-いわく、平和、発展、あるいは繁栄。犠牲の死と、平和と繁栄とのあいだの関連は特定化されていないから、聴き手は自分のいちばん切実な解釈願望にしたがって勝手に関連づけることができる。もっとも保守的で事実上伝統化している解釈、そして追悼式参列者の大多数がもっともなじんでいるものは、戦争中の苦難と犠牲を今日の平和と繁栄の原因と見る解釈である。首相就任後初の所信表明演説での細川の表現によれば、「わが国が享受している繁栄と平和は…先の大戦での尊い犠牲の上に築かれたものであります」
 平和と繁栄の修辞法はそのうえさらに、この繁栄の暴力的な歴史的起源、すなわち朝鮮戦争とヴェトナム戦争を、見えなくさせるのに役立っている。(中略)平和のなかでの日常生活の再建は、そこで平和が安全として理解され、おのれ自身の日常生活を再建する自由を提供するものとして理解されている場合、ほかの人の犠牲によってその再建がすすむとしても、原則としてそういう他者への配慮を必要とみなさず、(後略)(pp.146-148) 

[PR]
by sarutasensei | 2010-05-05 12:52 | 読んだ本

無題。

 ようやく暖かくなった昨日は、神保町の明治大学で「ホロコーストとイスラエルを考える」シンポ。岡真理と徐京植の発言がおもしろかったな。

 早めに神保町に出たので、内山書店で何冊か本を買う。そのうちの一冊は、
●田本相・石曼・張志強編著『抗戦戯劇』(河南大学出版社)
 「怒吼吧!中国」についても簡単に論じているけれど、大東亜戦争期の改編劇「江舟泣血記」については、いっさい言及なし。ま、そんなもんでしょ。

 真夜中の25:20からは、「NNNドキュメント'10」の「沖縄・43年目のクラス会」を眠たさをこらえてみた。
[PR]
by sarutasensei | 2010-04-19 11:11 | 筆記

定番。

 朝9時から業者見積もり。眠い。短い昼寝の後で、S劇場へ今日が最終日の映画を観に行く。

f0091834_21263077.jpg●アリ・フォルマン『戦場でワルツを
 シャティーラの虐殺が背景になっている。今年はジュネ生誕100年とかで、インスクリプトから鵜飼哲の訳で『シャティーラの四時間』が出るらしい。これって、『インパクション』51号に掲載されたものだけではないのだろうね。ジュネといえば、人文書院の『恋する虜』もなかなか復刊が出ませんねえ。


 S劇場の後は、いつもの通りジュンク堂で新刊を何冊か。
●成田龍一『「戦争経験」の戦後史-語られた体験/証言/記憶』(岩波書店)
●屋嘉比収『〈近代沖縄〉の知識人-島袋全発の軌跡』(吉川弘文館)
●西澤晃彦『貧者の領域-誰が排除されているか』(河出ブックス)
●岩波新書編集部編『日本の近現代史をどう見るか-シリーズ日本近現代史⑩』(岩波新書)

 夕飯の材料も買ったというのに、あまりの空腹に東洋飯店へ直行。
[PR]
by sarutasensei | 2010-02-28 21:38 | 見た映画(など)

ネット本2冊。

 一日中、研究室で事務作業に没頭。書虫とbk1で本が1冊ずつ届く。
●黄兴涛『“她”字的文化史-女性新代词的发明与认同研究』(福建教育出版社)
●金賢娥『戦争の記憶 記憶の戦争-韓国人のベトナム戦争』(三元社)

 黄興涛の本は、中華書局の『新史学』に掲載された論文をバージョンアップしたもの。お、このシリーズ、去年の12月に第3巻が出たらしいな。汪暉論文も収録されているらしいけど、中華のHPにも目次は載っていない。

 金賢娥は、吉沢南本を読んだので。翻訳は安田敏朗。
[PR]
by sarutasensei | 2010-02-03 23:31 | 買った本

後遺症。

f0091834_2244491.jpg●松林要樹『ぼくと「未帰還兵」との2年8ヶ月-「花と兵隊」制作ノート』(同時代社)

 センター試験の監督で大いに消耗して以来、オベンキョする気にならず、帰宅後、寝てばかりの日々。まあ、サボりの口実ですけど。
 先週、S劇場で観た『花と兵隊』が素晴らしかったので、制作ノートを読んだ。映画ももう一回観てみたい。そのうちDVDになるかしらん。戦地での人肉食について衝撃的な「告白」(pp.230-231)をしている藤田松吉が登場する今村昌平の『無法松故郷に帰る』も。

 「はじめは、上からアメリカ人の肉を食べろと命令が出たんじゃが、すぐに日本兵の肉も食いはじめた。アメリカ人はパンとかを食べていて脂身がある。でもな、日本人の肉は渋いんだ」
 苦しそうに話をしているが、それを僕に感じられないように笑ってごまかす。(中略)
 「まず、アメリカの軍人を食う。そしたら、それまで、肉など食べておらんから、土の色をした顔から油が出る。油が出るから分かるんだ。そうすると、あいつは肉を食ったと分かる。それが食っていない者にしてみれば、腹が立つ。『なんであいつだけが』とこうなるんだ。それで、日本兵でも構わず、それの魂を取りいれるということになってきたんや」(p.230)

[PR]
by sarutasensei | 2010-01-19 23:04 | 読んだ本
 授業は始まったのに、寝正月の生活リズムが元に戻らず、家に帰れば寝てばかりの日々。さすがに論文の校正は終わらせたけど、机に向かってオベンキョするまでには気力・体力とも回復せず。
 というわけで、横になったまま読んだ本。f0091834_22584458.jpg
●サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ-パレスチナの政治経済学』(青土社)
反開発とは、強大な力でもって、意図的かつ計画的に既存の経済を破壊することであり、それは低開発が歪んだかたちであれ一定の経済発展を許容しているのとは対照的であり、質的に異なる。(p.26)

 とりわけ徐京植との対話「〈新しい普遍性〉を求めて」がよかった。例えばサラ・ロイのこんな発言。
 たしかにホロコーストが、イスラエル国家の行為を正当化するために利用されてきたのは事実です。まだ私が幼い頃や若い頃には、イスラエルにいる友人らからホロコーストについて何か聞くことなどめったにありませんでしたし、ときに耳にすることがあったとしても、ホロコーストの犠牲者や生き残りの人びとは蔑視の対象にされていました。彼らは弱くて、無抵抗で、殺されるがままにされていたとみなされていて、社会の恥と言われていたのです。もちろんホロコーストの生き残りの子どもとして私はそのような考え方などまったく共有などできませんでしたので、こうした言い方にはたいへんに困惑させられました。しかも、そのホロコーストが、イスラエル国家がパレスチナ人を弾圧する政策を正当化するのに利用されるようになっていくわけです。このような矛盾したホロコースト利用、あるいはホロコーストの見方は、私にとってはたいへんに攻撃的なものに思えました。同じ事柄について考え方や感じ方が人それぞれなのは当然でしょう。ところが、大半のユダヤ人が、マジョリティと言ってもいいと思いますが、ひじょうに強固に、一方でホロコーストをユダヤ人国家の必要性を正当化すると同時に、他方で戦後のイスラエルでは犠牲者や生き残りを侮蔑してきたわけです。(pp.244-245)

[PR]
by sarutasensei | 2010-01-06 23:19 | 読んだ本
 今日も、長~いキョウジュカイ。
 会議が始まるまで、金曜日の中国語の予習。2コマ連チャンで、質問がでた箇所を説明しなおすので、もう一度参考書をめくったり、例文をいくつも考えたり。やっぱ「是~的」構文とか、「了」の使い方とかが難しいみたい。このへんはアカコも学生時代、ちんぷんかんぷんやったし。あと質問が多かったのが、存現文ですね。
 金曜日の復習、火曜日のテスト、その次の金曜日にテストを返して、ようやく授業は終了。お盆前後に修論の口頭試問が入るかも、という話は、今は考えたくない。

 つい先日、S劇場で観た「沈黙を破る」が衝撃的だったので、久しぶりにブックレットを購入。この薄さで480円、と思うなかれ。2段組だし、内容もとても充実してます。
f0091834_200351.jpg●土井敏邦『ガザの悲劇は終わっていない-パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕』(岩波ブックレット)

 イスラエルの元市会議員の語りが印象的だった。こうしたことは、イスラエル人だけの問題、つまり他人事、とするわけにはいかないんだろうな。
 今回の攻撃によるガザ住民の大きな被害に、ユダヤ系市民はどうして、こうも無感覚なのですか

 「私たちイスラエル人は、“ヒューマニティ”(人間への慈悲心)を敏感に感じ取る感性を失っています。それはこれからもずっと続くと思います。一度その倫理的な価値観を失うと、それはどこまでもつきまとって来ます。人びとは他人の苦悩を理解できなくなっているんです。パレスチナ人に対してだけでなく、他のイスラエル人にもそうです。グリーンライン(一九六七年の休戦ライン)の向こう側、つまり占領地でヒューマニティを失うだけではなく、イスラエル国内での隣人や貧困者たちへのヒューマニティも失う。この暴力性はイスラエル人社会にも跳ね返ってきます。隣人や家族の中にも、です」(p.50)

[PR]
by sarutasensei | 2009-07-29 20:19 | 読んだ本
f0091834_20535331.gif●渡辺清『砕かれた神-ある復員兵の手記』(岩波現代文庫) 

 福間良明の『「戦争体験」の戦後史』がおもしろかったので。
 1944年、著者の乗っていた戦艦武蔵が沈没。2300人を超える乗組員の半数が戦死したという。
 『砕かれた神』は、復員後の渡辺が綴った1945年9月から46年4月までの日記。戦争責任を回避した天皇を激烈に批判しつつ、「欺された」自分自身の責任が、ぎりぎりの深みで考察されている。

 日記の最後は、渡辺が天皇に宛てた次のような手紙で結ばれている。
 私の海軍生活は四年三ヶ月と二十九日ですが、そのあいだ私は軍人勅諭の精神を体し、忠実に兵士の本分を全うしてきました。戦場でもアナタのために一心に戦ってきたつもりです。それだけに降伏後のアナタには絶望しました。アナタの何もかもが信じられなくなりました。そこでアナタの兵士だったこれまでのつながりを経ちきるために、服役中アナタから受けた金品をお返ししたいと思います。(中略)
 たとえ相手が誰であっても、他人からの贈りものを金で見積もる失礼は重々承知のうえで、これについてはあえて一〇〇円を計算にくわえました。
 以上が私がアナタの海軍に服役中、アナタから受けた金品のすべてです。総額四、二八一円五〇銭になりますので、端数を切りあげて四、二八二円をここにお返しいたします。お受け取りください。

 私は、これでアナタにはもう何の借りもありません。(pp.329-336)

[PR]
by sarutasensei | 2009-06-04 21:21 | 読んだ本