アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

無題。

 7時半起床。もう梅雨に入ったらしく小糠雨の一日。2階窓際の段ボールで鼾をかいているうーこを眺めつつ、明日の授業準備。明日読む『呉新栄日記』は1951年。日記の文体が戦後初期に比べると、ずっと「国語」らしくなっているけれど、「無牛駛馬」みたいな台湾語がふっと出てくるのが面白いところ。
 うーこが寝ているのを見計らって、1時半過ぎに立川の福来軒へ。帰宅後も予習の続き。
f0091834_22222247.jpg 夜、1991年にウズベキスタンで作られたズリフィカール・ムサコフの『UFO少年アブドラジャン』を観る。5月の連休にアップリンクでやっていた「ロシアン・カルト」は一本も観られなかったので。『キン・ザ・ザ』ほどではないにしろ笑える映画。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-30 22:23 | 見た映画(など)

無題。

 同居人は早出の日。普段なら7時半に出て行くまで寝ているのに、最近は睡眠の質が良いせいか早く目が覚める。昼間もそれほど眠くならない。いつも同居人が仕事に行く日は、うーこが鳴いて仕方がないのだけれど、今日はいい具合に2階の窓辺で寝続けている。10時過ぎ、金曜日のレジュメを早めに準備しようと2階で作業を開始。今週は佐藤春夫の「魔鳥」論と霧社事件の周辺の話。目を覚ましたうーこは、やっぱり鳴き始めてしまう。2階にいてくれるのならまだしも、1階で鳴かれるとそのたびに急な階段を下りて相手をしなければならないので大変。そのたびにカリカリをあげたり、亀の子たわしでブラッシングをしたりと、こちらも楽しんでいるのだけれども。
 昼ご飯は立川の福来に行こうかと心づもりをしていたのに、レジュメ作成が佳境に入ったのと、2時半から会議があるので、トースト2枚とコーヒーの簡単な昼食。天気予報では雨だというので、2時過ぎに歩いて行く。会議はいつもより延びて1時間半強。図書館で本を借り、公民館経由で即帰宅。湿度は高かったけれども、とうとう雨は降らなかった。
 夕飯の後もレジュメ作業を続け、8枚になったところで今回の分は完成。早めにwebに載っけてしまう。いつもなら木曜日はこれにかかり切りなので、明日はたまった仕事を少しでも片づけられるかもしれない。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-29 21:05 | 筆記

無題。

 7時過ぎに目が覚める。寝る前にビタミン剤を飲んでおくと、起きた時に身体が軽い気がする。午前中は日曜日の学会でコメントをしなければならない論文に目を通す。日本語の引用文が簡体字混じりになっていたり、意味の通じないものであるのはまだご愛敬。生田花世の詩は明らかに誤訳で誤読。
 11時過ぎに谷保のパン屋経由でガッコウへ。コメントのためいくつか資料や論文を下載。先行研究に挙げられている楊智景論文は7年も前のものなのに読みごたえがあった。
 1時から西キャンパスで月イチの会議。今日は入試要項のチェックもあったので、いつもより時間がかかる。会議終了後、生協で本を買い、帰宅。

 買った本。
●林田敏子『戦う女、戦えない女-第一次世界大戦期のジェンダーとセクシュアリティ』(人文書院)
●大津留厚『捕虜が働くとき-第一次世界大戦・総力戦の狭間で』(人文書院)
●田中宏『在日外国人 第三版-法の壁、心の溝』(岩波新書)
●ブッツァーティー『七人の使者・神を見た犬 他十三篇』(岩波文庫)

 帰宅後、昼寝をしてから金曜日の授業のレジュメに取りかかる。夜は国分寺。久しぶりにでめてるの夕飯。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-22 21:30 | 買った本

抵抗。

 タンス好きのうーこ。服が毛だらけになるので入らせないようにしている。目を離した隙にもぐり込み、連れ出されそうになるのに必死に抵抗するの図。
f0091834_23172140.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-05-20 23:18 | 筆記

無題。

 朝の7時にうーこに起こされた。何をそんなに鳴いているのかと思ったら、ご飯がからっぽ。寝る前にちゃんと追加しておいたのになあ。まだ寝たりないので、再度布団へ。気がつけば9時半。まだどんよりと身体が重く、オベンキョする気分になれず。昨日の夜に読み始めた『文化と暴力』と銭理群の『毛沢東と中国』を交互に眺める。夕方になって退屈になったので車で立川に。授業中に使う水筒を買うつもり。せっかく来たのだから本屋ものぞく。みすずの新刊を1冊購入。

●池内紀『消えた国 追われた人々-東プロシアの旅』(みすず書房)

 夕飯は谷保のフォーナナ。ここはチキンライスがおいしい。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-19 21:37 | 買った本

無題。

 8時前にうーこに起こされたけれども、そのまま二度寝。土曜日は週の疲れがどっと出て、午前中は使い物にならないのだけれど、今日の疲れは一段とひどく、ひたすら寝て過ごす。寝る前にビタミン剤でも飲んでおくんだった。午後になって目は覚ましたものの身体を縦にする気力が起きず、横になったまま読みかけの本を読む。夕方にようやく読了。

f0091834_22204730.jpg●張秀哲『「勿忘台灣」 落花夢』(衛城) 張深切とともに「広東台湾革命青年団」の中心メンバーだった張秀哲の回想録。

 6時過ぎ、買い物がてら自転車で駅の北口まで足を伸ばす。夕飯はワインバルでゴルゴンゾーラのクリームペンネ。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-18 22:29 | 読んだ本

無題。

 ずっと家にいるのが嫌になって、特に目的もなく五日市街道をひたすら東へ。夕飯は三鷹の虎坊
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-12 23:05 | 筆記

籠もる一日。

 雨の土曜日。寝るのが遅かったので、気がつけば9時半過ぎ。それでもまだ眠気がとれない感じで、横になって本を読んではまた眠くなるの繰り返し。このままではグダグダのまま一日が過ぎそうなので、2階の仕事部屋に籠もりたまった作業を片づけることにする。まずは院生の推薦書を1通。「品行方正」であることを強調しなければならないようで、なかなか書きにくい。続けて月末が〆切りの、台湾で刊行される論文集の序文。2時間ぐらいかけて書きあげたのに、求められている字数を大幅にオーバーしているのに気づいて、ばっさばっさと切り落とす。まあ序文なんてちゃんと読むものではないし。このあたりでお腹が空いてきたので、台湾で買った麻醤麺で昼ご飯。青葱がよく合う。午後はこれも月末が〆切りの某研究科の紀要向けの文章。たった数ヶ月前の研究会で話した内容を文章化するだけなのに、もうすっかり忘れてしまっている。月末までまだ時間はあるけれど、学会でコメントしなければならない論文も届いたことだし、明日ももう少し進めるつもり。
 夕飯も家で。一日まったく外に出なかった。明日は国分寺に行く予定。夕方、注文していた友部正人の新作が届く。前作のクレーンからもう3年か。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-11 22:35 | 筆記

無題。

 家で作業の日なのに、朝からうーこが鳴いて鳴いて。そのたびになでてやったり、カリカリをあげたりと中断してばかり。普段なら11時には眠くなるはずなのに、ぜんぜん寝そうにない。1時過ぎに買い物もかねて谷保の丸信で味噌ラーメン。途中、市の図書館に立ち寄り、取り寄せてもらった児童書を3冊借りる。ダイヤ街の鶏肉専門店でチキンカレー用の買い物。帰宅後、すぐにカレー作り。早めに作って寝かせておけばよいのだから簡単なもの。まだ寝ないうーこに何度も邪魔をされながら、5時頃に明日のレジュメが完成。webに載っけて作業完了。
[PR]
by sarutasensei | 2013-05-09 19:48 | 筆記

無題。

 7時半起床。天気予報でいうほど朝方寒くなかったようだけど。午前中はうーこの相手をしながら授業の準備。1895年の台湾領有戦争が、上海のメディア『点石斎画報』にどのように描かれたのかをしゃべるので。昼過ぎにシュッキン。富士見通りの米粉のパン屋に寄ってから。ここのパン、美味しいけれど、あまりにも小さくて物足りない。午後は『点石斎画報』から何枚か画像を選ぶ。大昔に買った『点石斎画報』が役に立つとは思わなかった。

 猛毒の「六足蛇」、日本兵を襲う。
f0091834_21202957.jpg

[PR]
by sarutasensei | 2013-05-08 21:24 | 筆記