アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

無題。

 非常勤(@南大沢)の日。おとといのうちにつくったレジュメ、ガッコウのパソコンに入れたままプリントアウトを忘れていた。せめてドロップボックスに入れておけばよかったのだけれど。そのためだけに小雨の中をガッコウへ。せっかくなので大学生協で新刊を2冊。

●田中伸尚『ルポ 良心と義務-「日の丸・君が代」に抗う人びと』(岩波新書)
●和田春樹『北朝鮮現代史』(岩波新書)

 研究室でレジュメをプリントアウトし、ついでに学会関係のリマインダーメール。あとは連休明けに原稿が届くのを待つだけ、のはず。

f0091834_20235087.jpg●ジャック・ドンズロ『都市が壊れるとき-郊外の危機に対応できるのはどのような政治か』(人文書院)

 部屋でサンドイッチを食べ、1時過ぎに八王子経由でクビ大に向かう。今日は頼和の小説論。帰りは稲田堤で京王から南武線に初めて乗り換えてみたのだけれど、事故のために大延着。おかげでドンズロを読み終えた。ずいぶん話題になっている本だけれど、翻訳はこれで大丈夫なのかしらん。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-26 20:27 | 読んだ本

無題。

 授業のない日。午前中は寝そべってドンズロの『都市が壊れるとき』を読む。昼前にガッコウ。午後は留学生の学習奨励費の面接。ほとんど休みなく20人以上の学生と面接をして順位をつける作業。精神的に大いに消耗。そのまま研究科に戻り、打ち合わせがおよそ5時半まで。学会関連のメールを一件処理して帰宅。なんでこんな些末なことに対応しなければならないのか、というメール。

 夕飯はリニューアルした小金井のbroom&bloomへ。う~ん、前の方がずっとよかった。もう、たぶん、ここには来ないと思う。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-25 21:42 | 筆記

無題。

 9時前に起床。今日は授業がないので、目覚ましをかけなくてもいい日。予習もあるし、小雨まじりのなか、昼前にガッコウへ。最近オープンしたパン屋で昼ご飯を調達するつもりが、月曜日休みとは。当てがはずれて西友の焼きそばとおにぎりという貧しい食事に。駅前の花屋でうーこの草を買ってから研究室着。

 午後は台湾学会のメールのやり取りと参加舎のリスト作り。こればかりをやっているとクサクサしてくるので、気分転換のためにも明日の中国語の予習を少々。受講生の名前をピンインに一括変換したり。あとは公開講座の概要を提出したり、科研費の審査委員のなんやかんやweb上で処理しなければならない作業を何件か。

 気がつけばもう5時半過ぎ。夕飯用にいんでぃ庵の野菜カレーをテイクアウト。デザートはマロニエのロールケーキ。食後、眠さを堪えつつ明日の共通ゼミ用の文献を読む。受講生が選んだ伊藤博文論なのだけど、アカコにはぜんぜん面白いと思えない。

 買った本。大学生協にて。伊藤博文などよりも、こっちを早く読みたかった。
●ジャック・ドンズロ『都市が壊れるとき』(人文書院)
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-23 22:50 | 買った本

いちご餅。

 目覚ましをセットしなかったのに8時過ぎに起床。寝る前に読んでいた石井桃子の『幻の朱い実』(岩波書店)に、主人公たちが新鮮な鰹のぶつ切りを「ぎゅっとなるまでたべる」という場面があって、今日はなにがなんでも鰹を食べることを決意した朝。

 昼過ぎに車で東府中に向かう。目当てはさかもと菓子店の「いちご餅」。15個入りで900円。甲府の「月の雫」に似ているけれど、こちらは苺入りで賞味期限はたったの2日。季節ものだけど来月の下旬までは売っているとのことなので、あと一回は来るだろう。

 夕飯は計画通りに鰹のたたき。はしっこを一切れレンジで温め、うーこにおすそ分け。鰹好きのうーこは残さず食べた。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-21 22:05 | 筆記

無題。

 9時過ぎにガッコウへ。2限の一年生向け中国語。鼻母音の練習をやり、今回で発音終了。昔はもう少し発音に時間をかけていたような気もするけれど、年々体力も落ちるし、早めに切りあげてもいいように思う。昼ご飯はモス。3限はは再履修クラス。2限と同じテキストを使い進度も同じなのに、教室の雰囲気は重い。

 授業を終え、研究科の事務室に行ったところ、楽学から送ってもらった40㎏分の本が届いている。今回は『楊雲萍全集』が重たいのだな。とりあえず段ボールから本を取り出し、そのあたりの山に積むだけ。家に持ち帰りたい本はあるけれど、この週末は研究科の仕事で読まなければならない資料があるので、尉天驄の『回首我們的時代』だけを鞄に入れる。

 5限文献演習。『呉新栄日記』の1943年4月から7月までを読む。6時過ぎに終了、疲労困憊。夕食後、虎屋のういろを食べ、すぐに寝袋に入って2時間程「昼寝」。うーこが枕元にいたような気がするけれど、すぐに意識がなくなった。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-20 22:59 | 筆記

完全復活、ならず。

 木曜の夜、夕飯に食べた天麩羅蕎麦がこなれないなあと思っていたら、夜中から原因不明のひどい吐き気。金曜日は新年度早々休講にした。
 今日は吐き気はないものの、食欲もなし。昼過ぎに買い物がてら国分寺に出て、北口のうどんやに入ったけれども、三分の一ぐらいしか食べられなかった。

 買った本。
●友常勉『戦後部落解放運動史-永続革命の行方』(河出ブックス)
●水上滝太郎『銀座復興 他三篇』(岩波文庫)
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-14 22:51 | 買った本

無題。

 目が覚めたら10時近く。昨日寝ようとしていたら、うーこに起こされたんだっけ。目覚ましをしたはずが、気がつかなかった。
 11時過ぎにガッコウへ。今日は郵便局に寄るので車で。プログラムの訂正文を印刷し、学会の封筒に詰めていく作業。同居人にも手伝ってもらい、3時過ぎにようやく完成。桜通りの郵便局で料金別納で発送してしまう。国内・海外あわせて10万円弱。そのままインター近くの南京亭で貧しい昼食。マロニエのケーキを買って、同居人を家に送り届けた後でガッコウに戻り、借りていた台車などを事務室に返却。

 明日から本格的に授業だというのに、今日もまた自分の仕事はまったくできなかった。クサクサした気分で家に帰ると、うーこのお出迎え。しばらくうーこと追いかけっこをして遊んだら、気が晴れた。

f0091834_1950030.jpg 読んだ本。
●中村隆之『フランス語圏カリブ海文学小史-ネグリチュードからクレオール性まで』(風響社)
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-09 19:51 | 筆記

新宿へ。

 学会の用事で夕方新宿へ。せっかくなので早めに家を出、本屋をハシゴ。新南口の紀伊國屋と新宿御苑の模索舎へ。模索舎はほんとうに久しぶり。中山義秀の『少年死刑囚』は角川文庫をもっているけれど、池田浩士の長い解説がついているので。

●中山義秀『少年死刑囚』(インパクト出版会)
●森正蔵『解禁 昭和裏面史』(ちくま学芸文庫)
●パヴェーゼ『祭の夜』(岩波文庫)
●中村隆之『フランス語圏カリブ海文学小史-ネグリチュードからクレオール性まで』(風響社)

 桜通りの夜桜を眺めて帰宅。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-07 22:39 | 買った本

授業開始。

 今日から新年度の授業。今年度の夏学期、金曜日は3コマ。2限中国語、3限は再履修の中国語。5限は文献演習(『呉新栄日記』)。今日はガイダンスだけとはいえ、久しぶりの授業はやはり疲れる。それでも学会準備で消耗するよりは、こっちの方がずっといい。

f0091834_23491764.gif夜、舊香居で手に取り一目惚れした李志銘の『裝幀台灣-台灣現代書籍設計的誕生』(聯經出版)を眺める。至福の時間。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-06 23:45 | 筆記

無題。

 気がつけば10時過ぎ。寝たのが遅かったとはいえ、うーこが起こしてくれないと、これぐらいまでは普通に寝てしまう。金曜日からは授業なので、もう少し早く寝るようにしなければ。
 近所の郵便局でハガキを370枚購入。台湾学会の参加確認用。少し遠回りをして市立の中央図書館へ。引越しをしてからここが近くなった。陳若曦の自伝の日本語訳が新刊コーナーに入っているのを借りる。こんな本が出てるの、ぜんぜん知らなかった。国立飯店で昼食を食べ、ガッコウ着。
 午後はハガキの印刷作業。研究室のレーザープリンター、ハガキだと一度に5枚ぐらいしかセットできないため、ほとんどつきっきりで見ていなくてはならない。それよりもハガキが熱で反り返ってしまい、両面印刷ができないのには困った。事務室のコピー機でもうまくいかず、今日はとりあえず重たい本で熨しておくところで作業終了。
 続いてはプログラムの印刷。そのまえに駅前の文房具屋でA3の色上質紙を買って来る。500枚分を同じ色で揃えようとすると、薄い青しか在庫がなかった。これまで台湾学会って、封筒から何から緑色を使っていたような気がするけれど、青では良くなかったのかしらん。
[PR]
by sarutasensei | 2012-04-02 22:06 | 筆記