アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

天袋に入るうーこ。

 寝る前に本の詰まった段ボールを5箱ずつ、枕元に積み上げた。地震が来たら怖いなあと思いながら眠りについたら、朝の8時前に本当に揺れた。

 体があちこち痛くて、荷造りを始める気にならず、午前中は無為に過ごす。午後から再開。廊下の本棚の本もぜんぶ詰め終わる。この家、最初から2年で引き払うつもりで、なるべく荷物を増やさないようにしていたはずなのに。まあ、本が増えるのは職業病みたいなものだからなあ。
 積み上げた段ボールを踏み台にして、うーこが天袋に。片腕がようやく入るぐらいしか隙間が空いていなかったのに、か細い腕でふすまをこじ開け、潜入に成功。やっぱり高い所が気になるらしい。沖縄にいた頃も、足場の悪さをものともせずに最高峰を目指したっけ。

 夕方まで働いて、さすがに嫌になったので小金井のbroom & bloomに行く。今日はゴボウ入りブリ大根。デザートは苺の焼きプリン。夜10時半に今日の作業は終了。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-28 23:00 | 筆記

さて、週末。

 寒い朝。一番近いアメダスポイントの府中では、朝の6時半過ぎにマイナス5.5℃だって。引越業者から追加の段ボールが届く。

 2限の中国語。小テストと発音テストを90分で。お昼の弁当を食べ、休む間もなく採点を終わらせるともう4限。この院の授業は今日が最終。4時半過ぎまで。
 来月半ばのシンポにあたって、台湾に一通招聘状を送る必要が出てきたので、何度かメールのやりとり。あとは2月に入ってから、某大学の台湾文学研究所に送ればよいところまでこぎ着けた。

 帰宅後、疲れて1時間ほど寝てしまう。さて、コーヒーも飲んだし、本の箱詰めをもう少しだけやるとするか。

 引越直前なので、大学に送ってもらった本がAmazonから届く。
●中村和恵『地上の飯-皿めぐり航海記』(平凡社)
●一青妙『私の箱子』(講談社)
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-27 21:37 | 買った本

荷造りを始める。

 昨日の夜から降り出した雪。すでにやんでいるとはいえ、けっこう積もっている。雨靴でシュッキン。まだところどころ凍結している。授業を終え、メールをいくつか処理した後で、ロージナ経由で帰宅。
 
 来週の月曜日に引越なので、散乱している本を段ボールに詰め込むところから作業を開始。万が一にもギックリ腰などになったら大変なので、腰ベルトも忘れずに。9箱片づけたところでくたびれたので、今日の作業はここまで。明日以降の筋肉痛が怖い。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-24 21:04 | 筆記

大阪から戻る。

 昨日の日文研シンポ、柳書琴報告が圧倒的。今日は10時過ぎに梅田のホテルをチェックアウト。別に行きたい場所があるではなし。東梅田の小さな本屋で、2001年のダーバン会議について上村英明が論じている本を見つけたので、一冊だけ購入。

●徐勝・前田朗編『文明と野蛮を超えて』(かもがわ出版)

 お昼はお好み焼きでも食べようかとも思ったけれど、荷物も重いしスカイビルまで行くのが億劫なので、例によって551の豚まんと赤福だけ買って東京へ戻る。中央線の連絡も良く、3時には家に着いた。Amazonに注文していた本が届いている。

●丹羽雅雄『知っていますか? 移住労働者とその家族の人権 一問一答』(解放出版社)

 少し休んでから車で出かける。近所の古道具屋で文机を買い、引越先の納屋にそのまま運んでしまう。駅北口のひらよしで牡蠣フライを食べ帰宅。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-22 21:51 | 買った本

雪の日。

 天気予報で言っていた通り、朝から雪。9時半に歩いてガッコウへ。2限の中国語はいつも以上に遅刻が多い。午後は、今日が〆切りの広報誌の原稿に手を入れ、業者に送信。やれやれ、引き受けた時にはこんなに時間がかかるとは思わなかった。雪の降る中を西キャンパスまで移動し、大学生協で春休みの台湾行きチケットを正式に予約。注文していた本を購入。

●定藤邦子『関西障害者運動の現代史-大阪青い芝の会を中心に』(生活書院)

 研究室に戻り、科研費で購入した本の処理などをやっているうちに夕方になった。4時半からCGraSSの公開レクチャーで北原恵の「「人間天皇」の表象-「天皇ご一家」像から見えるもの」を聞きにいく。7時過ぎまで。

 うーこの草を買って帰宅。明日は日文研のシンポなので早起きしなければならない。HPに載っていないということは、非公開のものなのかしらん。一泊するので、発表さえ終わればラクなものだけれど。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-20 22:35 | 買った本

無題。

 2限目の中国語は小テスト。仕事がたまっているので、すぐに採点を終えてしまう。このクラスも補講を入れてあと4回。入試やらシンポなどで2月3月は忙しいけれど、授業がないのは気分的にラクだよなあ。
 昼ご飯のモスをそそくさと食べて、昨日ごっそり渡された修士論文を束に手をつける。一本目からまったく知らない研究領域。夕方まで粘ったのに読み終わらず、6時前に退散。金曜日が〆切りの書評、そろそろ書き始めないと。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-17 22:05 | 筆記

無題。

 明日のセンター試験の準備のため、今日は休講。昼前にガッコウに行き、日文研のレジュメの続きを。結論部分が弱い気がするけれど、まあ、その場でなんとかなるだろう。それにしても日文研って、不便な場所にあるのだなあ。シンポジウムは午後1時スタートだから、当日は早起きしなければ。

 夕飯の後、うーこにくっついて、しばしの「昼寝」。明日の総統選挙のニュースを一通り眺めてから、ずいぶん長いことほったらかしにしていた陳芳明老師の『台湾新文学史』を再開する。ようやく『現代文学』までたどりついた。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-13 23:28 | 筆記

無題。

 寒い朝。同居人は早々と仕事へ。置いていかれたうーこが、いつも以上にくっついてくる。今日は授業もない曜日だし、明日も休講だから予習も必要ないのだけれど、日文研のレジュメがまだできていないのでガッコウへ。コンビニでサンドイッチを買って部屋に籠もる。たかだか30分の報告なのに、夕方まで粘っても完成せず。別の用事もあるし、明日もシュッキンすることに。

 夜はさくら通りのかり庵で天麩羅蕎麦を食べて帰宅。コーヒーのお供は季節はずれの桜餅。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-12 22:32 | 筆記

2年前。

f0091834_20292868.jpg

 およそ2年前のうーこ。ゴミ籠のなかで余裕で丸まっていたのに、いまではキツキツ。毎日見ていると気づかないけれど、ずいぶん成長したものだと思う。
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-11 20:28 | 筆記

初ガッコウ。

 寒い日。最低気温はマイナス4.5℃。東京、ちっぽけなくせに、都心とは気温がぜんぜん違う。昼前に久しぶりにガッコウへ。
 研究室の室温は12℃。エアコンを入れてもなかなか暖かくならない。明日の授業の準備をするつもりだったのに、たまった事務書類の処理やメールのやりとりに時間をとられる。年度末が近いので、研究費や科研費の使い道を決めてしまわなければ。とりわけ分担者として参加している科研費で本を買う場合には、来週の10日までに納品をすませよとのこと。業者となんどかやりとりをして、ようやく残高70円までに。あとはボールペン1本ぐらいか。

 再来週の日文研シンポの準備がまったく手つかずなので、そろそろ焦りだす。数年前の神戸大のレジュメがベースになるかと思ったのだけれど、やっぱり最初から作った方が早そう。30分の発表時間って、どれぐらい盛り込めるのか今ひとつ見当がつかない。

 買った本。Amazonで届く。
●松原新一・倉橋健一『70年代の金時鐘論』(砂子屋書房)
[PR]
by sarutasensei | 2012-01-05 22:11 | 買った本