アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー

<   2006年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧

勁いことば。

f0091834_2058183.jpg●鈴木裕子編『金子文子 わたしはわたし自身を生きる』(梨の木舎)

※1926年7月23日、わずか23歳で、獄中にて縊死した金子文子の手記・調書・歌・年譜をまとめたもの。
 本の前半は、『なにが私をこうさせたか』の抄録。抄録のため、いきなり見知らぬ人物が登場するような印象を与えてしまう。あれっ、この人誰だっけ?っていう感じで、黒色戦線社版の『何が私をかうさせたか』をめくって確認しなければならないのは、編集上の問題だと思うな。
 あと限られた紙幅のなかで、抄録というやり方はやむを得ないのだろうけれど、どこを削って、どこを収録するのかは、編者の金子文子観が問われるはず。鈴木裕子は、金子文子の朝鮮での生活の部分は、かなりのページ数を使って全部収めている。アカコだったら、幼少期の「無籍者」としての体験ははずせないところだけどな。このあたりは、ぜんぜん採用されていないんだよね。

 アカコにとっては、初めて読む「訊問調書」がいちばん印象的だった。判事とやりとりすることばの勁さは、ただごとではない。とりわけ第12回の訊問調書(1924年5月14日、pp.203~208、このとき金子文子は22歳)は、変な表現だけど、そのことば・思考の強靱さに、思わず「酔い」そうになったよ。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-23 21:30 | 読んだ本

夏の会議。

 夏休みなのに、急遽大学院の会議が入る。メンドーでも行かなくてはならない。暑~いさなか、学校へ。定足数ぎりぎりで始まったと思ったら、2分で終わった…
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-23 19:06 | 筆記

いろいろ。

●林芙美子『戦線』(中公文庫)
●遠藤寛子『算法少女』(ちくま学芸文庫)
●薬師院仁志『日本とフランス 二つの民主主義』(光文社新書)
●反天皇制運動連絡会編『季刊 運動〈経験〉 18号:靖国神社の戦争・戦後責任』(軌跡社)

※最後の一冊は模索舎からの定期購読。それ以外は、夜、スーパーのなかにある本屋で。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-23 01:09 | 買った本

本をもらう 6。

●鈴木裕子編『金子文子 わたしはわたし自身を生きる』(梨の木舎)

※ひょんなことで『トスキナア』に、書評を書くことになった。急いで読まなくちゃ。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-23 01:03 | 筆記

懐かしい人。

●サラ・ミルズ『ミシェル・フーコー』(青土社)
●五十嵐真子他編『戦後台湾における〈日本〉-植民地経験の連続・変貌・利用』(風響社)
●レジス・ドゥブレ他『思想としての〈共和国〉-日本のデモクラシーのために』(みすず書房)
●花田俊典『沖縄はゴジラか-〈反〉・オリエンタリズム/南島/ヤポネシア』(花書院)

※大学生協で購入。『思想としての〈共和国〉』は、 レジス・ドブレ(アカコには、この表記の方がなじみがある)にかすかな関心があったから。ドブレといえば、むか~し昔の学生時代、晶文社の『国境』を(神戸の?)古本屋で買ったことがある。著者の名前は知らなかったけれど、翻訳者が「あの」浦野衣子だったので。
 浦野がファノンやサルトル、ポール・ニザンの翻訳者であることは知っていたけれど、そのころのアカコにとっては、彼女のもう一つのペンネーム「白井愛」としての作品が、決定的に重要だった。罌粟書房から出ていた“亜人間の文学”シリーズの『あらゆる愚者は亜人間である』や『新すばらしい新世界スピークス』などに出会わなかったら、あれやこれやとものを考える「型」が、今とは全然違うものになったんじゃないかと思う。
 アカコがヘンコになったとすれば、白井愛と彦坂諦の“亜人間の文学”シリーズの賜物なのです。ハイ。
 あと、『思想としての〈共和国〉』は、レジス・ドブレだけじゃなくて、「理想の教室」でとてもおもしろい授業を聞かせてくれた水林章も書いてるし、ちょっと楽しみ。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-21 18:40 | 買った本

こっちはおもしろい。

f0091834_145751.jpg●野崎歓『<カミュ『よそもの』 きみの友だち』(みすず書房)

※合田正人の『サルトル『むかつき』 二ートという冒険』はがっかりしたけど、カミュの方はおもしろかった。サイードのカミュ論の部分が、ちょっともの足りなかったけども。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-21 01:47 | 読んだ本
f0091834_16583480.jpg●合田正人サルトル『むかつき』 二ートという冒険』(みすず書房)

※「理想の教室」?こんな授業、受けたくないなあ。「センセー」って、高校生向けの授業を意識してるのかもしれないけれど、やめた方がいい。はっきり言って気色悪い。それよりあれこれ盛り込もうとして、収拾がつかなくなってしまったような、典型的な授業。本の分量を考えれば、もう少し論点を絞らないと。こんな授業、3回にわたって聞かされたらたまらない。きっとアカコだけじゃないよ。こんなコメントもあるし。
合田正人『サルトル『むかつき』ニートという冒険』は、いささかてごわい。というより、本書は、「理想の教室」からズレてしまっている。つまり、テクストの解読というこのシリ-ズの主旨からいえば、解読よりも、著者による解説になっている。その点、実に読みにくい。
 みすずのこのシリーズ、何冊も買っているけど、当たりはずれの差が大きい。期待してる分、ハズレ感が強いかな。その中でも、これは一番つまらないものだった。ちなみにアカコが読んだ中で、ダントツおもしろかったのは、これ

f0091834_16585213.jpg●小泉義之『「負け組」の哲学』(人文書院)

※小泉義之って、こんなに過激だとは知らなかった。もちろん、ほめ言葉です。特に「贖罪の時」と「資本のコミュニズム」が、おもしろい。もっと買わねば。

f0091834_16598100.jpg●平井玄『ミッキーマウスのプロレタリア宣言』(太田出版)

※『インパクション』の最新号「接続せよ!研究機械」のなかの冨山一郎の文章を読んでいたら、再読したくなった。
 「今最も読まれるべき本の一つ」と冨山は書いてあるけど、合田正人のショーモナ本を読んだからじゃないけれど、本当にそうだと思う。
 毎年、アカコたちの専攻では、夏休み明けに1年次・3年次の学生と所属教員全員の合宿をやって、その時に「読書のしおり」みたいな冊子を作るんだけど、今年のアカコの一押し本はこれに決まり。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-20 17:17 | 読んだ本

今日、退院。

●井上寿一『アジア主義を問いなおす』(ちくま新書)
●ミシェル・フーコー『フーコー・コレクション 4 権力・監禁』(ちくま学芸文庫)
●J.M.クッツェー『マイケル・K』(ちくま文庫)
●種村季弘『食物漫遊記』(ちくま文庫)

※今日の午前に、同居人退院。大きな荷物を抱えて自宅に戻る。昨日、amazonで届いた本を病院に持っていったのに、ほとんど手つかずで持って帰ることになった。やっぱり病院のベッドは寝にくいみたいで、同居人が久しぶりに布団をひいて寝ているあいだに、アカコは本屋に行く。今日は筑摩フェアみたいな買い物だなあ。買い物をして帰った後、今度はアカコも長い昼寝。
 論文は、どうも今日はやる気がでないなあ。明日から再開するよ。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-19 20:30 | 買った本

ただ今、入院中。

●戸坂潤『増補 世界の一環としての日本 2』(東洋文庫)
●野崎歓『カミュ『よそもの』 きみの友だち』(みすず書房)
●合田正人『サルトル『むかつき』 二ートという冒険』(みすず書房)
●ヴァージニア・ウルフ『三ギニー 戦争と女性』(みすず書房)
●西川長夫『〈新〉植民地主義論』(平凡社)

※どれもamazonで。最初の戸坂潤はAMP(第1巻と同じ店で購入(これって偶然?)。
 ヴァージニア・ウルフの『三ギニー』は、スーザン・ソンタグの本で触れられていて、前から読みたいと思っていたもの。
 西川長夫は、前作がイマイチだったから、ちょっと心配。でも、彼の本は出たら買うので。
 サルトルとカミュの本は、近所の本屋を探し回ったあげく、結局はamazonで頼んで正解だった。

 ただ今、同居人が入院中。パソコンのない環境で、ウィルコムのW-ZERO3を使っているけど、やっぱり使いにくいなあ。中国語は入力できないし、文字化けするし。ここでは時間はあるし静かな個室なので、本が読めるのはありがたい。でも、周りの部屋からは、ずーっとテレビの音が聞こえてくる。よくもまあテレビばっかり見てて、飽きないね。今日は付き添いの家族が廊下でしゃべっていて、ちょっとうるさい。
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-18 20:37 | 買った本

四読目ぐらい。

●丸谷才一『笹まくら』(新潮文庫)

※アカコが持ってるのは、表紙が司修のもの。ページ数がだいぶ違うけど「改版版」って?
 学生時代に購入してから、今回で4回目ぐらいかなあ。「季節が変わった」(p.69)と感じられたときに読むと、ますますしっくり来ますねえ。
 ここでいう「季節が変わった」とは、徴兵忌避者として5年間も日本各地をさまよう日々を送った主人公が、戦後20年後の「現在」、まさにそのことによって職を奪われようとする、「反戦的なものを許す雰囲気」が失われつつあることへの、苦い認識。この本の出版が1966年かあ。そのころを基準にしたら、どれだけ「季節」は変わってしまったんだろうね。四季だとすれば、とっくに一巡二巡としていてもよさそうなのに…
[PR]
by sarutasensei | 2006-08-18 00:15 | 読んだ本