アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー

2006年 06月 18日 ( 2 )

絶品。

f0091834_1622841.jpg●金鶴泳『土の悲しみ』(クレイン)

※表題作であり、遺作となってしまった「土の悲しみ」が絶品。金鶴泳の小説には、男性主義的な「匂い」がすることがあるけれど、日本にやってきて、わずか33歳で鉄道自殺し、その遺影も遺骨さえもない祖母の悲しみを描いたこの一作は、心にしみる。
 巻末に収録された朴裕河の「暴力としてのナショナル・アイデンティティ」も、すごく良かった。
[PR]
by sarutasensei | 2006-06-18 16:10 | 読んだ本

何度見てもいい映画。

f0091834_203132.jpg●ホルヘ・サンヒネス『地下の民』 VHSで。
※南米ボリビアのウカマウ集団が1989年に作った作品。この映画を見るのは、今日で3回目。
映画の最後の場面で、「死の踊り」を踊りながら死ぬセバスチャンが再生するシーンは、何回見てもゾクっとする。土曜日の深夜に、休日ならではのいい映画を見た。
[PR]
by sarutasensei | 2006-06-18 01:45 | 見た映画(など)