アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー

2006年 06月 05日 ( 3 )

期待はずれ。

f0091834_262251.jpg●本橋成一『ナミィと唄えば』
※仕事の帰りにS劇場で。
 台北郊外のハンセン病施設の楽生院や、台東のプユマ族が住む南王部落のシーンはおもしろかったけど、あとは期待はずれ。まあ、800円だしね。
 
[PR]
by sarutasensei | 2006-06-05 22:26 | 見た映画(など)

迷信としての愛国心。

f0091834_244326.jpg●幸徳秋水『帝国主義』(岩波文庫)
※105年前の1901年に、30歳で書いた本。
帝国主義はいわゆる愛国心を経とし、いわゆる軍国主義を緯となして、もって織り成せる政策にあらずや。(p.19)
国民の愛国心は、一旦その好むところに忤うや、人の口を箝するなり、人の肘を掣するなり、人の思想をすらも束縛するなり、人の信仰にすらも干渉するなり、歴史の論評をも禁じ得るなり、聖書の講究をも妨げ得るなり、総ての科学をも破砕することを得るなり。文明の道義はこれを恥辱とす。しかも愛国心はこれをもって栄誉とし功名とするなり。(p.30)

 一世紀たっても、な~んも変わっていない。それどころか…
[PR]
by sarutasensei | 2006-06-05 22:26 | 読んだ本

ふらふらになって。

 朝、新宿のホテルをチェックアウトしてから、池袋のジュンク堂に行く。おととい、神保町の本屋で、期待していたほど本が買えなかったけど、やっぱりジュンクは違うね。2時間半ほどかけてゆっくりと棚をながめ、堪能した~。
 学生時代、京都から神戸三宮にあったジュンク堂のサンパル店(今はもうない)まで、阪急電車を乗り継いで、買い出しに行くのが楽しみだった。京都四条店も好きだけど、サンパル店は文学関係が妙に充実していて、井村文化事業社から発売されていた東南アジアブックスが、店舗面積からすれば不相応なほど揃っていた。みすず書房のコーナーも、あったんじゃないかな。
 サンパル店に行った後は、元町商店街の老祥紀(「記」じゃない方)で、豚饅頭を食べたなあ。ああ懐かしや。
 
 ジュンク堂で物欲を満足させた後、山手線→東京モノレール→飛行機→自家用車を乗り継いで、へとへとになって帰ってきたら8時過ぎ。明日は1時間目から授業だ…
[PR]
by sarutasensei | 2006-06-05 00:26 | 筆記