アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ストレスの悪循環。

●ミシェル・フーコー『フーコー・コレクション 2 文学・侵犯』(ちくま学芸文庫)
●大村彦次郎『文士のいる風景』(ちくま文庫)
●桜井厚編『戦後世相の経験史』(せりか書房)
●村山敏勝『(見えない)欲望へ向けて-クィア批評との対話』(人文書院)

※研究発表の準備のために、読まなければならない資料があれこれあって、一冊の本を読了するペースががくっと落ちた。気の向くままに本を読む楽しさから遠ざかっているために、なんとなく胃がもたれたような、漠然とした重苦しい感じがする。アカコはストレスを買い物で発散するクチなので、読む時間もないのに購入量だけは増え、積んでおく本もまた増加するという悪循環。歪みつつ、日々高くなっていく本の山並を眺めると、またもやストレスが昂進してしまう。買い物依存症って、こんなものかしらん。一番の解決策は、ストレスのもとを断つことなんだろうけれど、発表の後はもっとしんどい論文が待っているからなあ。早く夏休みにならないかなあ。
[PR]
by sarutasensei | 2006-06-15 20:43 | 買った本