アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大消耗。

 8時に目覚ましをセットしたので、起きたのは30分後。今日から授業が始まるのでそそくさと食事を取りガッコウへ。
 2限、クラス中国語。およそ40人の受講生のうち、テキストを持ってきているのは1人。昼休みは旭通りの弁当屋に行くつもりが、次の授業が3限であることを思い出し、急遽コンビニサンドに変更。
 3限は台湾の歴史と文化。一昨年もその前の年も、同じ時間帯で中国文学論を開講したのだけれど、その時の受講生は20人前後。科目名が「台湾」というだけで、130人を超えるというのはどういうことかしらん。案の定、受講希望者に台湾について関心のあることを書いてもらうと、「親日国」だからという回答が続出してゲッソリする。龍應台の『台湾海峡一九四九』を読んで、外省人の苦難の歴史に関心をもったという聴講生がひとりいたけれども。
 3限終了後、生協に寄り、注文していた本を買う。

●目取真俊『魚群記 目取真俊短篇小説選集 1』(影書房)

 研究室に戻り、昭和天皇のXデー描いた「一月七日」を読む。こういうドタバタ喜劇だったのか。
 5限、院の文献演習。新たに修士1年生が3人登録。少人数のこの授業、今年度も開講することになった。授業の趣旨を説明し、分担を決めるだけで今日はオシマイ。

 帰宅後、身体が疲れて動く気にならず。ビールを飲んで爆睡。
[PR]
by sarutasensei | 2013-04-05 23:27 | 買った本