アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

無題。

 8時に起きる。今日は西砂のゼルコバに行くので、朝ご飯を食べず出かける準備。9時半頃出発。ナビによると家からちょうど10㎞の距離。それほど道も混んでおらず10時過ぎに到着。開店したてというのに、もう先客が何人も。とりあえず店内で食べるパンとコーヒーを注文し、ようやく遅い朝ご飯にありつく。前にここに来たのが正月明けなので、ずいぶん久しぶり。食後、明日の分のパンを買い足し、東に戻る。途中、ホームセンターで、うーこ用の電球を買ったりして、ガッコウに着いたのは昼前だった。橋本さんの本の続きを読むつもりが、なんとなくその気にならず。研究科のではない方の紀要の仕事をしたり、部屋にある朝鮮文学や戦時期文学関連の本を物色して眺めているうちに夕方になった。高崎隆治と中根隆行の本を引き抜いて持ち帰る。

 買った本。大学生協とampで1冊ずつ。
●パァラバン ダナパン『台湾エスニックマイノリティ文学論-山と海の文学世界』(草風館)
●金石範『1945年夏』(筑摩書房)
 
 パァラバン ダナパンは孫大川のプユマ族名。
[PR]
by sarutasensei | 2013-02-18 22:01 | 買った本