アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

図書館と古本屋。

 寝たのが3時過ぎだったので、目が覚めたら10時を回っていた。連休だと気が緩んで、つい不規則になってしまう。反省。昼過ぎ、予約していた本が届いたとの連絡があり、近所の図書館へ。新着コーナーに、みすずから出たジュネの『判決』が置いてあったので、これも借りる。冬休みの楽しみが増えた。

 夕方、これというあてもなく国分寺に出かける。いつも車を停める駅ビルは、ずいぶん前から長蛇の列。連休中日の日曜日だもの。北口の駐車場はガラガラ。本多商店街をぶらぶらと連雀通り向けに歩く。日曜日なので、ろばやは開いていなくて残念。古本屋2軒をはしごして、文庫2冊と新書1冊を購入。

●車谷弘『銀座の柳』(中公文庫) 105円
●アレー『悪戯の愉しみ』(福武文庫) 240円
●三宅菊子・阿奈井文彦『商売繁盛-昨今職業づくし』(中公新書) 105円

 最後の『商売繁盛』の刊行は1976年8月。オビによると丸山昇の『ある中国特派員』と同時発売。
[PR]
by sarutasensei | 2012-12-23 22:14 | 買った本