アカコの備忘録。


by sarutasensei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

無題。

 昨日の夜、10時半頃に8泊9日の台湾出張から帰宅。身体は重たいけれども、出張の報告書などを片づけなければならないので、昼前にガッコウへ。冬物のコートでは少し汗ばむぐらいの陽気。もう3月も終わりだものな。久しぶりに大学生協をのぞいたら、面白そうな新刊が何冊も出ていた。今日買ったものは以下。

●徐京植『フクシマを歩いて-ディアスポラの眼から』(毎日新聞社)
●ベネディクト・アンダーソン『三つの旗のもとに-アナーキズムと反植民地主義的想像力』(NTT出版)
●ジュディス・バトラー『戦争の枠組-生はいつ嘆きうるものであるのか』(筑摩書房)
●外村大『朝鮮人強制連行』(岩波新書)

 研究室も暖かく、窓を開けて半日を過ごす。出張作業の次は、台湾学会のプログラムの最終チェック。月曜に印刷すれば、4日の発送に間に合うはず。そのほか細々した仕事をしているうちに、もう夕方。本など1ページも読めなかった。駅の北口のスーパーで買い物をして帰宅。台湾にいる間、ずっと中華だったので、口を変えたくてナポリタンをつくる。食後、うーこと遊んでから遅い「昼寝」。とにかく疲れがたまっている。それでも明日は台湾で買った本を手に取りたい。
[PR]
by sarutasensei | 2012-03-29 21:45 | 買った本